インフルエンザ予防に!プロテクト乳酸菌の効果や特徴

プロディア

プロテクト乳酸菌は、しば漬けから発見された乳酸菌で、免疫力の強化やインフルエンザの予防に効果があるとした注目されています。

そんなプロテクト乳酸菌について、特徴や効果についてご紹介していきたいと思います。

プロテクト乳酸菌の特徴

プロテクト乳酸菌の特徴は、他の乳酸菌に比べて細胞壁が分厚いということです。

細胞壁が分厚いということは、胃酸や胆汁などで死なず生きて腸まで届くという効果があるので、腸内の善玉菌を増やして腸内環境をしっかり整えていきます。

もともとしば漬けから発見されたので、乳酸菌の種類としては植物性乳酸菌で、動物性乳酸菌に比べて酸や熱に強いという特徴もああります。

プロテクト乳酸菌の効果

効果1.便秘を解消

プロテクト乳酸菌は生きて腸まで届くので、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えます。
腸内の善玉菌が増えると、善玉菌が出す酢酸や乳酸によって腸内が酸性に保たれます。

腸内が酸性になると腸の動きが活発になるので、便秘が解消されやすくなります。

また、腸内が酸性に保たれると、悪玉菌の増殖を抑えることができるので、オナラの臭いの改善や、それによる体臭や口臭の改善にもつながります。

効果2.インフルエンザを予防

乳酸菌の摂取によって腸内が酸性に保たれると、免疫力が向上します。

というのも、ウイルスや細菌は酸に弱いので、善玉菌が優勢で酸性の環境下では死んでしまい、腸から体内に取り込まれるのを防げるからです。

マウスの実験では、インフルエンザワクチンだけを接種したマウスと、インフルエンザワクチンを善玉菌する前からプロテクト乳酸菌を与えていたマウスでは、プロテクト乳酸菌を与えていたマウスのほうがはるかにインフルエンザにかかりにくかったという結果が出ています。

効果.3アレルギー、花粉症を予防

プロテクト乳酸菌には免疫力をアップする効果があります。
免疫力がアップすることで、アレルギーや花粉症、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和することができます。

免疫力がアップするということは、日々体の中にできているガン細胞を攻撃するパワーがアップするので、ガンの予防にもつながるんです。

プロテクト乳酸菌の実験結果

プロテクト乳酸菌を摂取したマウスと摂取しなかったマウスに、インフルエンザウイルスを投与したところ、プロテクト乳酸菌を摂取しなかったマウスでは高確率でインフルエンザに感染したのに対し、プロテクト乳酸菌を摂取したマウスではインフルエンザの発症率が0%でした。

また、高齢マウスになるとインフルエンザワクチンを接種しても効果がほとんど得られないのに対し、プロテクト乳酸菌を与えているとインフルエンザワクチンの効果がアップし、インフルエンザにかかりにくかったという研究結果もあります。

プロテクト乳酸菌の入ったサプリメント

プロディア

プロディア

サントリーから発売されている、プロテクト乳酸菌が入ったサプリメントです。
3粒で15億個の乳酸菌が摂れ、健康や美容に欠かせないビタミンB1、B2、B6も配合されています。

楽天→♪サントリープロディア 90粒