腸にしっかり付着するlgg乳酸菌で腸内環境を改善

onakahego

lgg乳酸菌は、乳酸菌の中でも特に胃酸や胆汁に強く、生きて腸まで届く乳酸菌です。

日本ではタカナシ乳業株式会社が保有していて、タカナシ乳業が発売している商品に使われています。

そんなlgg乳酸菌の特徴や効果、lgg乳酸菌の入ったヨーグルトなどご紹介していきたいと思います。

lgg乳酸菌って?

lgg乳酸菌は、米国タフツ大学のゴルバッハ教授とゴルディン教授によって発見された乳酸菌で、lggのggは、この2人の名前の頭文字からきています。
1987年にフィンランドのバリオ社がこよ乳酸菌に着目し、ライセンスを取得しました。

利用できるのは1カ国につき1企業のみで、日本ではタカナシ乳業株式会社が保有しています。

lgg乳酸菌の特徴

lgg乳酸菌の特徴はなんといっても『線毛』が生えているということです。

lgg

この線毛によって腸の表面にしっかりと付着することができるため、腸内にとどまる期間が長くなりなり、より長い期間腸の中で働いてくれます。

この線毛を除去してから摂取すると、この腸内に長く留まる効果がなくなってしまう事も分かっています。
線毛がある乳酸菌はlgg乳酸菌以外には発見されておらず、他の乳酸菌と比べてもかなり特徴的と言えます。

また、lgg乳酸菌は胃酸や胆汁に強く、生きて腸まで届くことができます
生きて届くことで腸内環境を改善したり、免疫力を上げる効果が高くなり、世界40カ国で商品化されているほど注目を集めています。

lgg乳酸菌の効果

効果1.便秘や下痢を改善

lgg乳酸菌は生きて腸まで届くことで、腸内の善玉菌を増やす効果があります。

善玉菌が増えることで、善玉菌が出す酢酸や乳酸のパワーで悪玉菌の繁殖が抑えられます。

腸内に善玉菌が増えることで便秘や下痢を改善することができます。

さらに、線毛の付着性によって他の乳酸菌よりも長く腸内に留まることができるので、同じ量を摂取しても他の乳酸菌より効果を実感しやすいです。

効果2.肌荒れを改善

腸内に悪玉菌が多い状態だと、悪玉菌が出す有害物質が腸から吸収されて、血液を通って毛穴から出てこようとし、ニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

また、悪玉菌が多い状態だと腸の動きが鈍くなってしまうので便秘を引き起こしやすくなりますが、便秘になると便がどんどん腐敗していき、メタンガスなど有害ガスを発生するようになります。

この有害なガスは血液に溶けて血行を悪くし、お肌に栄養や酸素が行き渡りにくくなるので、肌荒れや乾燥肌、シミなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

lgg乳酸菌には生きて腸まで届いて腸内環境を改善する効果があるので、肌荒れの改善にも効果があります。

効果3.アレルギー症状の緩和

アレルギーが起きるのは、体内の免疫細胞が誤作動を起こしていたり暴走しているからです。
この免疫細胞は約6割が腸にいて、腸からウイルスや細菌、アレルゲンとなる物質が体内に進入するのを防いでくれています。

しかし腸内環境が悪化するとこの免疫細胞が正常に働かなくなり、アレルギー症状が出たり花粉症、アトピー性皮膚炎などが起きやすくなると言われています。

lgg乳酸菌には腸内環境を整えて免疫細胞を元気にする作用があるので、アレルギー症状やアトピー性皮膚炎、花粉症などの症状を抑える効果が期待できます。

効果4.インフルエンザの予防

アレルギー症状の緩和と同じで、lgg乳酸菌を摂取することで腸内環境が整うと、免疫力自体がアップします。
そうすると、体内に入ってきたインフルエンザウイルスが、腸から入って来ないように防ぎ、インフルエンザにかかるリスクを軽減してくれます。

lgg乳酸菌の実験結果

整腸作用に関する実験

健康な大人52人にlgg乳酸菌を摂取してもらったところ、排便の回数や便の状態、 排便時の感覚が改善しました。
また、腸内の善玉菌の数が増え悪玉菌の数は減りました

アレルギーに関する実験

家族にアトピー症状の履歴がある妊婦さんを2グループに分け、1グループ目には出産予定日2〜4週間前から、産後半年間lgg乳酸菌入りのカプセルを飲んでもらい、2グループ目には偽薬を飲んでもらいました。

その2つのグループの新生児が2歳になるまで観察したところ、lgg乳酸菌入りのカプセルを飲んだグループの妊婦さんから産まれた子どものアトピー性皮膚炎発症率は23%に対し、偽薬を飲んだグループの妊婦さんから生まれた子どものアトピー性皮膚炎発症率は46%でした。

お母さんの腸内環境を整えることが、産まれてくる赤ちゃんの健康にもつながるという画期的な報告でした。

花粉症に関する実験

花粉症にかかっている日本人に、lgg乳酸菌とTMC0356乳酸菌が入った発酵乳を毎日10週間摂取してもらったところ、偽薬摂取グループと比較して鼻づまりや花粉症の症状が改善されました。

インフルエンザに関する実験

lgg乳酸菌を3日間マウスの鼻腔に投与したところ、肺のNK細胞が活性化され、4日目にインフルエンザウイルスを感染させたところ、インフルエンザの発症率が下がりました
生存率も優位に高まりました。

次に、14日間lgg乳酸菌を経口投与しインフルエンザウイルスを感染させたところ、症状が軽くなり、肺中のインフルエンザウイルス数も優位に減少していました。

lgg乳酸菌が入ったヨーグルトやサプリメント

タカナシヨーグルト おなかへGO!

onakahego

特定保健用食品のタカナシヨーグルト『おなかへGO!』。
酸味を抑えた味で食べやすいヨーグルトです。

タカナシドリンクヨーグルト おなかへGO!

onakahego1

こちらはドリンクタイプのヨーグルトです。
こちらも酸味が抑えられているので、酸っぱいのが苦手なお子様でも飲みやすくなっています。

タカナシ「生きて腸まで届く乳酸菌(顆粒タイプ)LGG乳酸菌」

takanashi

こちらは顆粒タイプのlgg乳酸菌です。
1包に140億個の乳酸菌が入っていて、旅行先や出張先でも飲みやすいタイプです。