生存率100%!生きて届くl-55乳酸菌で腸内環境とアレルギー症状を改善

l-55ヨーグルト3

l-55乳酸菌は2000年にオハヨー乳業が乳幼児の体内から発見した乳酸菌で、正式名称『ラクトバチルス属アシドフィルス株l-55』と言います。

人の体内から発見された乳酸菌なので、胃酸や胆汁に強く、胃酸耐久実験では生存率100%で、生きて腸内まで届くことができます。

そんなl-55乳酸菌の特徴や効果、l-55乳酸菌の入ったヨーグルトなどをご紹介していきたいと思います。

l-55乳酸菌の特徴や効果

l-55乳酸菌の特徴は、なんといっても胃酸に強いことです。
乳酸菌は胃酸や胆汁で死んでしまっても、腸内の善玉菌のエサになったり、死んだ悪玉菌を吸着して体外に排出してくれるので、無駄になるわけではありませんが、生きたまま腸に届く方が腸内環境を調える効果が高いんです。

l-55乳酸菌は、pH3〜5(ペーパー、酸性とアルカリ性を14段階で数値化したもの。数値が低い方が酸性度が強い)の中だと生存率は100%です。
空腹時になるとpH1〜2の強い酸性になってしまうので多少死んでしまいますが、食後はpH4〜5まで中性に傾くので、食後に摂取すれば100%生きて腸まで届くことができます。

また、l-55乳酸菌はもともと人の腸内にいる乳酸菌なので、1度摂取すれば腸内で増殖し、他の乳酸菌に比べて腸内に留まる期間も長いんです。

腸内環境を整えて便秘を解消したり、肌荒れを解消するには、できるだけ腸内で長く働いてくれた方が効果があるので、乳酸菌の効果をしっかり時間したい方におすすめの乳酸菌なんですね。

さらに、l-55乳酸菌にはその他に、アレルギー症状を抑える効果があります。

アレルギーが起きる原因

アレルギーが起きるのは、アレルゲンとなる物質が体内に入った時に、免疫細胞がアレルゲンをやっつけようとし、その時にIgE抗体という抗体ができます。
この抗体がアレルギー症状や花粉症の症状、アトピー症状を引き起こします。

抗体には種類が5種類ありますが、中でもIgE抗体はアレルギー症状を引き起こしてしまうタイプの抗体なんですね。

l-55乳酸菌にはこのIgE抗体を減らす効果があるので、アレルギー症状や花粉症の症状を緩和する効果があるんですね。

l-55乳酸菌の実験結果

オハヨー乳業と岡山大学大学院亀井千晃教授が行った実験

花粉症にかかったマウスを3グループ用意し、1グループには蒸留水、1グループにはl-55乳酸菌、1グループには抗アレルギー剤(トラニラスト300mg/kg体重)を毎日4週間与えたところ、蒸留水のグループに比べてl-55乳酸菌のグループは、鼻掻き行動とくしゃみ反応が少なくなり、改善されました。

また、l-55乳酸菌のグループは抗アレルギー剤のグループと比べても同程度症状が緩和していたので、l-55乳酸菌には花粉症の症状改善にかなり効果があることが分かりますね。

さらに、オハヨー乳業と岡山大学大学院亀井千晃教授はアトピー性皮膚炎の症状があるマウスにもl-55乳酸菌を与えたところ、かゆみにより引き起こされる引っ掻き行動が抑えられた、という実験結果があります。

l-55乳酸菌が入ったヨーグルトやサプリメント

たっぷり生乳ヨーグルト

l-55ヨーグルト
生乳中の水分を取り除く『RO膜濃縮製法』を採用しているため、ギュッと濃縮された美味しさが味わえます。
香料・安定剤を使用せず、生乳と砂糖だけで作られているのでお子様でも安心して食べられます。

1日分の鉄分ヨーグルト

l-55ヨーグルト2
1個で1日分の鉄分と葉酸や、ビタミンB12が摂れるヨーグルトです。
l-55乳酸菌入りで、プルーン味の低脂肪タイプです。

おいしく果実シリーズ

l-55ヨーグルト3
色々なフルーツ味が用意されている、小分けタイプのヨーグルトです。

のむヨーグルト

l-55飲むヨーグルト

こちらは飲むヨーグルトタイプです。

どれもスーパーやコンビニに置いてある商品なので、気になった方は試してみてくださいね。