寝たきりの高齢者の便秘の原因や解消法

寝たきり

高齢になるほど便秘になりやすくなってしまいますが、中でも寝たきりの高齢者の方はさらに便秘のリスクが上がってしまいます。

高齢者の方が便秘になる理由には、加齢によって腸内環境が悪化することや、筋力の低下、薬の副作用などが挙げられます。

特に筋力の低下が起きることで、腸の動きが悪くなってしまうので、便秘が悪化しやすくなってしまいます。

ただでさえ筋力が低下するのに加え、寝たきりになってしまうと更に筋力が低下したり、お腹周りを動かすことが極端に減るので、一気に便秘が悪化し、寝たきりの高齢者の方のほぼ100%の方が便秘と言われています。

そんな寝たきりの高齢者の方の便秘の原因や解消法についてご紹介したいと思います。

寝たきりの高齢者の方が便秘になる原因

寝たきりの高齢者の方が便秘になる大きな原因は、筋力の低下にあります。
寝たきりになると腹筋などの筋肉をほとんど使わなくなります。

腹筋は意外と歩いたりしゃがんだりするだけでも使われている筋肉で、この腹筋が衰えることで腸の動きが鈍くなり、便が上手く移動できなくなります

便は腸内に留まれば留まるほど水分がどんどん吸収されていくので、お腹の中で硬くなり、硬くなった便がフタのようになり次の便がさらに出づらくなってしまい、便秘を引き起こしてしまいます。

また、寝たきりになるとどうしてもオムツを使用することが多いですが、オムツはさらに便秘を悪化させてしまいます。

オムツを使用してしまうと、自分の尿や便を人に見られてしまったり、臭いが気になって便意を我慢しやすくなります。
そうすると次第に便意を感じにくくなり、便秘になるのですが、便秘になると腸内環境が悪化して臭いがキツくなってしまうので、さらに便意を我慢してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

寝たきりで動かないと食欲も落ちてしまいますし、あまり喉が乾かず水分摂取量が減るのもよくありません。
高齢になるとどうしても食事量は減ってしまいますが、水分摂取量も減ってしまうと便が硬くなってしまいます。

寝たきりの高齢者の方の便秘解消法

寝たきりの高齢者の便秘を解消するには、少しでも体を動かす事が大切です。
可能であれば車椅子で少しお散歩をするだけでも、気分転換にもなりますし、車椅子に乗るときに腹筋などを使うので便秘解消につながります。

車椅子などが難しい場合は、ベッドから上半身を起こすだけでも変わります。
できれば食事の時は上半身を起こすようにしてみましょう。

オムツの使用はできるだけ控え、可能であれば日中は車椅子でお手洗いに行けるようサポートしたり、ポータブルトイレなどを使うようにしましょう。

オムツでなく自然に排便することで、肛門の機能が衰えるのを防いだり、我慢してしまうことを防げます。
ただ、ポータブルトイレの場合も臭いが出てしまうので、消臭剤を置いたりして気にならないように工夫しましょう。

寝たきりの高齢者の方の便秘解消には、よく下剤を使用することがありますが、これはあまりおすすめできません。
下剤を使うと腸内の善玉菌も強制的に排出してしまうため、腸内環境が悪化しさらに便秘を悪化させてしまいます。

便秘を解消するには腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、腸の動きをよくすることが大切です。

高齢になると特に腸内の善玉菌が減るので、腸内の善玉菌を増やすのはとても有効です。

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌の一種である乳酸菌や、善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂ることが1番の近道です。
乳酸菌はヨーグルトにも多く含まれていますが、お漬物や味噌などの発酵食品にも含まれているので、普段の食事にプラスするのもおすすめです。

オリゴ糖はバナナや豆乳などに多く含まれているので、バナナを柔らかく潰したり、ヨーグルトに混ぜると食べやすくなります。

もし食事量が少なくなかなか意識して摂れない場合は、乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントを上手く活用しましょう。

その他には食物繊維を多めに摂ることで腸内環境が改善されやすくなります。
サツマイモやこんにゃく、ゴボウ、キノコなどの食物繊維が多いものをメニューに加えることで、お通じがよくなりますし、腸内環境も改善されていきます。