高齢者の便秘の原因とおすすめの解消法

高齢者

若い時は便秘なんて気したことなかったのに、歳を重ねると便秘体質になった、という方は多いですよね。

30代と60代では便秘になるリスクは2倍とも言われていて、便秘になりやすい原因が色々と潜んでいるんです。

そこで、高齢者が便秘になりやすい原因と、おすすめの解消法などご紹介していきたいと思います。

高齢者が便秘になる原因

高齢者が便秘になる原因はいくつかあります。

筋力低下

若い時はスポーツを楽しんだり、ちょっと距離のあるところでと歩いて行ったりしていたのが、歳を重ねると運動量が減っていきますよね。
運動量が減って筋力が低下すると、代謝も落ちて内臓の動きが悪くなります
特にお腹周りの筋肉が減ると腸の動きが鈍くなるので、便秘を引き起こしやすくなります。

また、お腹周りの筋肉が減ると内臓を支えきれなくなり、内臓が下垂して腸を圧迫してしまいます。
そうすると腸の中が狭くなり、便の通りが悪くなるので便秘になってしまいます。

食事量の減少

歳を重ねると消費カロリーが少なくなるので、摂取カロリーを減らすため食事量自体が少なくなっていきますよね。
そうすると、便の材料も減ってしまいますし、相対的に食物繊維の摂取量も減ってしまうので、便秘を引き起こしやすくなります。

腸内環境の悪化

生まれたばかりの赤ちゃんは善玉菌しかいませんが、だんだんと悪玉菌の量が増えていき、50歳を目安に悪玉菌の量がグッと増えて腸内環境が悪化します。
悪玉菌が増えると腸の動きが鈍くなるので、便秘を引き起こしやすくなってしまいます。

そして便秘になることでさらに悪玉菌か増えてしまうので、負のスパイラルにはまってしまいます。

水分摂取量の低下

高齢になると尿漏れなどの心配から水分摂取量を減らす方が多いです。
しかし水分摂取量が減ることで便が硬くなって詰まりやすくなるので、便秘につながってしまいます。

人の体は60%が水分、とよく言いますが、高齢になると50%ほどまで減少してしまいます。
そのため、しっかり水分を摂らないと熱中症などのリスクも上がってしまいますし、こまめに水分補給しないとすぐに水分不足になってしまうので気をつけましょう。

高齢者の便秘の解消法

高齢者の便秘を解消するには、まずは水分補給と食事を見直すことから始めましょう。
カロリーの摂りすぎはよくありませんが、腸内環境を改善するするために、食物繊維乳酸菌は多めに摂りたいところです。

コンニャクやキノコ類、海藻類はローカロリーで食物繊維も多いので、煮物にしたりお味噌汁の具として使いましょう。

また、乳酸菌はヨーグルトにも多くて含まれていますが、乳脂肪も入っていてカロリーもそれなりにあるので、お漬け物や納豆、味噌がオススメです。

水分補給をする時は、急須で緑茶なんかを入れる方も多いですが、緑茶やほうじ茶はカフェインが含まれていて、利尿作用でかえって水分不足になってしまうので、麦茶やお水、ハーブティーを飲むようにしましょう。

運動は適度にしたほうがいいですが、最初から無理をするのはよくないので、体調のいい日に散歩に出かけたりすることから始めましょう。
ラジオ体操や簡単なストレッチでも効果があるので、自宅でするのもオススメです。

記事一覧

寝たきり

寝たきりの高齢者の便秘の原因や解消法

高齢になるほど便秘になりやすくなってしまいますが、中でも寝たきりの高齢者の方はさらに便秘のリスクが上がってしま...
認知症

認知症の高齢者が便秘になりやすい理由と解消法

認知症は今の日本では、65歳以上の10人に1人がかかると言われているとてもメジャーな病気ですが、 認知症患者の...
青汁

高齢者の便秘解消に青汁と乳酸菌がおすすめな理由

高齢になるとほとんどの人が便秘に悩まされると言われています。 原因は幾つかありますが、加齢によって腸内の悪玉菌...