緑茶のパワーで便秘を解消!緑茶で便秘解消できる理由と飲み方

緑茶

自動販売機やコンビニ、スーパーなどで見かけないことはない、というくらいメジャーな緑茶。
スッキリとした味わいが特徴で、和食にもよく合うので毎日飲んでいるという方も多いですよね。

緑茶にはカテキンなどのポリフェノールが豊富で健康や美容にいいと、積極的に飲んでいる女性も多いようです。

ただ、便秘に関しては便秘を解消する効果と悪化させる効果があるので少し注意が必要です。
そこで、緑茶の便秘解消効果と便秘を悪化させる作用の両方をご紹介したいと思います。

緑茶の便秘解消効果

緑茶にはカテキンというポリフェノールが豊富です。
このカテキンには強い殺菌作用があり、腸内の悪玉菌を減らす効果があります。
しかもすごいのが、善玉菌は殺さずに悪玉菌だけを殺してくれるので、腸内環境を整えて便秘を解消してくれます。

また、緑茶に含まれるカフェインは、腸を刺激してぜん動運動を促す効果があるので、腸の動きが鈍くなっている種類の便秘に効果があります。

緑茶の便秘を悪化させる作用

では、便秘を悪化させる作用はどんなものがあるのでしょうか。

水分不足を引き起こす

緑茶にはカフェインカリウムが豊富です。
これらは利尿作用が強く、浮腫み解消などに効果があると言われていますが、たくさん飲むと体内の水分が減ってしまい、水分不足を引き起こしてしまいます。
水分が不足すると、便がどんどん硬くなってしまうので、詰まりやすくなり便秘を引き起こします。

タンニンが悪玉菌を増やす

緑茶にはタンニンという渋味成分が含まれています。
濃く入れた渋〜い緑茶ほど、このタンニンが多く含まれるんですね。

このタンニンは、タンパク質と結合してしまうという性質を持っています。

私達の体はタンパク質でできているので舌や粘膜、皮膚などもタンパク質ですよね。
緑茶を飲んで渋いと感じるのは、タンニンと舌のタンパク質が結びついて舌の表面が変性するからです。

これはお腹の中でも起こります。

お肉やお魚、卵やお豆腐などのタンパク質と一緒にタンニンを摂ってしまうと、お腹の中で結びついて変性を起こすので、うまく消化吸収できなくなります。

このうまく消化吸収できなかったタンパク質は、大腸までそのまま届いてしまい、腸の中の悪玉菌のエサとなってしまいます。

しかもタンパク質は、お肉やお魚だけでなくお米や小麦粉などにも少量ですが含まれています。
そのためあまり緑茶を飲みすぎると腸内環境がどんどん悪化して便秘を引き起こしてしまうんですね。

緑茶の上手な飲み方

緑茶は飲みすぎなければ、カテキンの美肌効果や健康効果も得られるのでとてもいい飲み物です。

ですが、便秘のことを考えると、毎食食事と一緒に摂ったり、ガバガバ飲むのは控えておいたほうがよさそうですね。