炭酸水で腸を刺激して便秘を解消!効果的な飲み方とは

炭酸

炭酸水、というとシュワシュワしていて美味しいですし、喉が渇いた時にグッと飲みたくなったりしますよね。
最近では海外の炭酸水なども色々買えたり、自宅で炭酸水を作る機械なども売っているため、毎日飲んでいるという方も多いですよね。

そんな炭酸水に、便秘解消効果やダイエット効果があるんです。

そこで、炭酸水の便秘解消効果や効果的な飲み方などをご紹介したいと思います。

炭酸水で便秘解消できる理由

理由1.腸を刺激する

炭酸水に含まれる気泡は胃や腸を刺激します。
女性に多い便秘の原因の1つに、トイレを我慢するクセがあり、我慢しているうちに腸の動きが鈍くなり、便秘がちになるというのが挙げられます。

そのため、腸の動きが鈍くなっている方にはとても効果があるんです。
食物繊維や乳酸菌を頑張って摂っているのになかなか便秘が解消されない、という方は炭酸水がよく効くかもしれません。

理由2.便を柔らかく

炭酸水に含まれるガスは二酸化炭素です。
二酸化炭素と聞くと、体にいいイメージがないかもしれませんが、実は便に染み込んで便を柔らかくする効果があるんです。

とっても意外ですが、便を柔らかくしつつ腸を刺激してくれるのでツライ便秘に効いてくれます。

理由3.水分不足解消

今の食生活に炭酸水をプラスすることで、水分不足を解消することができます。
朝起きてコップ1杯飲む、食事前にコップ1杯飲む、など習慣づけることで、水分不足を解消して便を柔らかくするので、便秘解消効果があります。

炭酸水で便秘が悪化するタイプとは

炭酸水を飲むと、逆に便秘が悪化するという方もいます。
それは、ストレスや自律神経の乱れによって腸が痙攣を起こしてしまっているタイプの便秘です。

炭酸ガスによって逆にガスがお腹に溜まってしまうことがあるので、便秘が悪化してしまう方は飲むのを控えましょう。

効果的な炭酸水の飲み方

便秘解消目的で飲む場合、冷やした炭酸水を朝起きてコップ1杯飲むのがおすすめです。
冷えていることでさらに胃腸を刺激してくれますし、胃が空っぽの朝は二酸化炭素も浸透しやすいので、より効果が得られます。

ただ、お腹が冷えやすい方は、そのあとゆっくり温かい飲み物を飲むのがオススメです。
起きてすぐ、コップ1杯の冷えた炭酸水→温かい白湯やお茶、という感じですね。

また、炭酸水のベースになっているお水には硬水軟水があります。
硬水はミネラル濃度が高く、便を柔らかくするマグネシウムなどが多いので便秘解消効果が高いと言われています。
が、人によっては飲みすぎると下痢を起こしたりするので、たくさん飲む場合は軟水を選びましょう。

コップ2杯~3杯であればほとんどの方が硬水で大丈夫です。

硬水はミネラル濃度が高い分飲みにくいというイメージがありますが、炭酸水にすることで飲みにくさがかなり軽減されるので、今まで硬水はあまり飲めなかった…という方にもおすすめです。

炭酸水はお腹でふくれて空腹感を減らしてくれるので、間食したい時に飲んだり食事前に飲むことでダイエットにも繋がります。
コンビニはスーパーで100円程度で買えるので、気になった方はぜひ試してみてくださいね。