プーアル茶でダイエットしながら便秘解消!

プーアル茶

飲茶のお供、というイメージがあるプーアル茶。
日本でも中華料理店などに行くとよく置いてありますし、ペットボトルでも販売していることがあるのでわりと馴染みがあるお茶ですが、実は便秘解消効果があるんです。

簡単に美味しく飲めて便秘を解消できるプーアル茶について、ご紹介したいと思います。

プーアル茶の便秘解消効果

プーアル茶には便秘に効く理由が2つあります。

理由1.マグネシウムが便を柔らかく

プーアル茶にはマグネシウムが豊富に含まれています。

マグネシウムには便の水分量を上げて便を柔らかくする効果があります。
女性に多い便秘で、便がカチカチになってしまう、コロコロ便になってしまう、という方が多いですが、こういった便が固くなりやすい方にもおすすめです。

マグネシウムは錠剤が病院などでも使用されるくらい安心して使用できる成分なので、クセになることもなく、耐性ができることもないので長期間使用できます。

理由2.ポリフェノールが腸を刺激

プーアル茶にはポリフェノールがとても豊富に含まれています。
ポリフェノールは抗酸化作用と呼ばれる作用が強く、血液をサラサラにしたり代謝をアップする効果があります。

血液がサラサラになって代謝が上がるということは、脂肪が燃えやすいだけでなく、内臓の動きが活発になるので、消化力がアップしたり腸の動きが活発になります。

そもそも便意が来ない、という時は腸が怠けてしまっているので、腸を刺激することでとても便秘に効きます。

血液がサラサラになることで冷え性が改善されたり、浮腫みにくくなるという嬉しい効果もあります。

その他プーアル茶の嬉しい効果

プーアル茶には便秘解消だけでなく、他にも嬉しい効果があります。

それは、脂肪を分解してくれるということです。

プーアル茶は発酵する段階でカテキンが重合カテキンという成分にパワーアップしますが、これがとても脂肪分解に効果があります。
中国で飲茶を食べる時によく飲まれるのも、この脂肪分解効果があるからなんですね。
この重合カテキンには口臭を予防する効果もあるので、口臭が気になる時にサッと飲むのもいいですね。

プーアル茶にはさらにビタミンB2が豊富に含まれています。
ビタミンB2は皮脂の量をコントロールする効果があるので、皮脂が出てベタベタする時や、ニキビができやすい時にもおすすめです。

まとめ

プーアル茶は少し渋みがありますが、国内で生産されているものは渋みを抑えたものも多いので、口コミなどを参考にしてみるといいでしょう。

プーアル茶だけでなく、お茶は茶葉をそのままお湯に浸けて飲むので、農薬などをキチンを検査しているものがオススメです。

プーアル茶を飲む量は、1日1,000mlくらいがおすすめです。
プーアル茶には利尿作用があるので浮腫み解消にも効果がありますが、カフェインも含まれているので、夜遅い時間や妊娠中は飲みすぎに注意です。

また、胃腸を刺激する効果があるので、空腹時にたくさん飲むと胃痛がすることがあるようです。
食事と一緒に飲んだり、空腹時にガブガブ飲むのは控えておきましょう。