ファイブミニで便秘解消?美味しく飲んで食物繊維をしっかり補給

fibe-mini

コンビニやドラッグストアでよく見かけるファイブミニ。

昔からある栄養補給飲料で、オレンジ色のパッケージが何となく美容によさそうなイメージがありますよね。

お肌に効くという口コミも多いですが、実は便秘解消にも効果があるんです。

そんなファイブミニの便秘解消効果や飲むタイミングなどをご紹介したいと思います。

ファイブミニで便秘が解消できる理由

ファイブミニはよくよく見ると名前にファイバー(食物繊維)という字がつくほど、食物繊維がたっぷり入っているんです。

1本当たり、約6gも入っています。

日本人の食物繊維推奨摂取量と、実際の平均摂取量には大体6gぐらい差があり、けっこうな量が足りていません。
これはレタスで補おうとすると、なんと1.8個分

毎日毎日レタス1.8個も食べるのは至難の業ですが、ファイブミニ1本なら簡単に摂取できるので嬉しいですよね。

また、ファイブミニに含まれる食物繊維は、ポリデキストロースという水溶性の食物繊維です。
そのため、便に水分を与えて柔らかくするだけでなく、腸内の善玉菌のエサとなってくれるので、飲み続けることで腸内環境が改善されてだんだんと便秘になりづらい体質になっていくという効果もあります。

ファイブミニには他に、レモン15個分のビタミンCが配合されています。
ビタミンCというと美白、みたいなイメージが強いですが、腸内の善玉菌のエサとなって腸の動きを活発にしてくれる効果があるんです。

ただ、ビタミンCは体の傷付いた細胞を修復するのに使われたり、ストレスを和らげたりと何かと必要なので、なかなか腸にまでまわってきません。
そのためにはたくさんビタミンCを摂る必要がありますが、ファイブミニには300㎎も入っているのでお通じ改善に役立つかもしれません。

ファイブミニの飲むタイミング

ファイブミニの飲むタイミングですが、特に効果が高くなるタイミングはありません。

ただ、飲みやすいように糖分などが添加されているので、できれば夜ではなく朝やお昼に飲みましょう。

水溶性食物繊維は食事で摂った油や糖質の吸収を抑える効果もあるので、カロリー高めな昼食前に飲むとダイエット効果も得られておすすめです。