カルピスは便秘に効くの?飲みすぎには逆に便秘悪化?

カルピス

懐かしい味のするカルピス。小さい頃に一度は飲んだことがある、という定番の飲み物ですが、カルピスには乳酸菌が含まれています。

この乳酸菌は便秘に効果があるのでしょうか。

そこで、カルピスで便秘が解消できるか調べてみました。

カルピスの乳酸菌は死菌

カルピスには乳酸菌は含まれていますが、長期保存できるよう加熱して殺菌してあるので、生きた乳酸菌は含まれていません。
そのため、ヤクルトなどのように生きた乳酸菌がとれるわけではありません。確かにヤクルトなんかはよく見ると賞味期限がかなり短いことが分かります。

ただ、乳酸菌は生きていないと全く意味がないのかというとそうでもありません。

少し前までは生きた乳酸菌でないと全く意味がない、と言われていましたが、最近では死んだ乳酸菌は腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境を整える効果もあるということが分かりました。

カルピスには1mlあたり1億個も乳酸菌が入っているので、薄めて飲むとはいえかなりの量の乳酸菌がとれますよね。

また、死んだ乳酸菌には免疫力をアップさせたり、中世脂肪やコレステロールを低下させる効果もあるので、ダイエットにも活躍しそうですよね。

体にもいいけど飲みすぎには注意

カルピスはこのように体にいい作用もありますが、糖質も高いので飲みすぎには注意が必要です。
糖質を摂りすぎてしまうと、体脂肪として体に脂肪がつきやすくなるだけでなく、腸内の悪玉菌を増やしてしまい便秘に繋がってしまいます。

1日の目安として、お水で薄めたものをコップ1杯程度にしておきましょう。