アルコールで便秘解消!?意外な関係とは

sake

お酒をたくさん飲むと、次の日お腹を下す…という方は多いですよね。

実はそれは、お酒には便秘解消効果があるからなんです。

ただ便秘解消効果があるからと言って、好き放題飲んだらいいわけではありません。

そこで、お酒の便秘解消効果や飲み方、オススメのお酒などをご紹介したいと思います。

お酒で便秘が解消できる理由

お酒を飲むとお腹が緩くなったりしますが、どうしてでしょうか。

それには理由が2つあります。

理由1.アルコールが腸を刺激する

アルコールには、腸を刺激してぜん動運動を促す効果があります。

便秘になるのは原因がいくつかありますが、特に女性に多いのが、トイレを我慢してしまうということです。
腸はとてもナマケモノと言われていて、我慢して動かさないでいると、動くのをサボってしまい、便秘に繋がってしまうんです。

それを解消してくれるのが、この『腸のぜん動運動を刺激する』ということなんですね。

理由2.代謝アップしてくれる

これはみなさんご存知かと思いますが、アルコールは血行をよくしてくれる効果があります。
血行がよくなることで内臓の動きが活発になるので、消化や腸の動きがよくなり便秘が解消されやすくなります。

飲みすぎには注意

お酒はこのような便秘解消効果がありますが、飲みすぎには注意です。
お酒は飲みすぎてしまうと逆に便秘を悪化させてしまいます

アルコールは体の中で解毒する際にたくさん水分を使ってしまいます。
そのため腸の中の水分を奪ってしまい、便秘に繋がってしまうんです。

また、アルコールを飲みすぎると睡眠をとっているつもりでも交感神経が優位なままになっているので、失神しているような状態なだけで体は休まっていないんです。
そのため自律神経が乱れて便秘になりやすくなってしまうんです。

さらに、お酒を飲んでいると脂っこいものやお肉などのガッツリしたものが食べたくなりますよね。
唐揚げやポテトフライ、〆にラーメンなど食べる方も多いかと思います。

しかし動物性の脂肪や揚げ物などの酸化した油は腸内の悪玉菌のエサとなってしまうので、悪玉菌が増えてしまい、便秘を招いてしまうんです。

便秘を解消するためのお酒の飲み方

便秘を解消するためには、まずお酒の飲む量を適量にしておきましょう。
チューハイやビールであれば2ハイ程度、ワインなども1杯、日本酒も多くて1合まででたしなむくらいが適量です。

お酒が弱い方にとってはそれでも多いくらいなので、小さめのコップ1杯でも十分です。

また、便秘に効果があるのは、炭酸が入っているビールやチューハイ、ハイボールがオススメです。

ポリフェノールが多いワインも血行をよくしたり、シミやシワを予防する効果があります。

甘いリキュールを使ったカクテルや、糖質の高い日本酒はカロリーも高くダイエットにもよくないので、頻度を少なくしましょう。

おつまみにも注意

先ほども少し言いましたが、お酒を飲んでいる時のおつまみも便秘に関わってきます。
できれば揚げ物や動物性の脂肪が多いものは避け、野菜や豆類、海藻類を多く食べるのが理想です。

居酒屋などであればyakko

  • 冷奴
  • 枝豆
  • 海藻サラダ
  • おひたし
  • 冷やしトマト
  • 漬物

などが理想です。
便秘だけでなくダイエットや健康にもいいので、お酒を飲むときはお酒の量、種類、おつまみに注意していきたいですね。