プルーンを食べて自然なお通じを!プルーンの便秘解消効果

purun

女性の味方プルーンは食物繊維やソルビトールという成分が豊富で便秘解消効果が期待できます。

鉄分も豊富で美容効果も高いプルーン。

旅行の時も持っていきやすいため、便秘に悩む方にとてもおすすめです。

そこで、プルーンが便秘に効く理由や効果的な食べ方などをご紹介したいと思います。

プルーンの便秘解消効果

食物繊維が豊富

プルーンには食物繊維が豊富に含まれています。
特にドライプルーンは約50g(4~5個分)で3.6gの食物繊維を摂取することができます。

また、食物繊維には水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維がありますが、プルーンは両方をバランスよく含んでいます。

水溶性の食物繊維は便を柔らかくしたり善玉菌のエサとなって腸内環境を整える効果があり、不溶性の食物繊維は便のカサを増やして腸のぜん動運動を促し、排便を促します。

ソルビトールがお腹を刺激

プルーンに含まれるソルビトールという成分は下剤にも含まれている成分です。

ソルビトールは便のカサを増やしつつ便を柔らかくする効果があります。

便のカサが増えると腸への刺激となるので、長期間便秘に悩まされていて腸の動きが悪くなっている方にも効きますし、便が柔らかくなるのことでウサギのようなコロコロ便や便が固くてなかなか出てこない時にも効果があります。

プルーンの効果的な食べ方や食べる量

プルーンによる便秘解消作用は、効果が出るまでに少し時間がかかるので、夜寝る前に食べると朝お通じがある方が多いようです。

ただ、プルーンには糖質もけっこう含まれているので、ダイエットを併用したい方は朝食べる方がおすすめです。

食べる量は2~3個程度がオススメです。
ソルビトールが効きすぎるとお腹を下してしまう方もいるので、まずは少量から食べてみて様子を見ましょう。

そのままでは食べにくい、という方は無糖のヨーグルトに混ぜたり、豆乳とミキサーにかけるのがおすすめです。

プルーンには便秘解消効果だけでなく、とても強い抗酸化作用もあるため、血液をサラサラにしたり細胞を老化から守るのにとても効果があります。
また、女性に不足しがちな鉄分はほうれん草並みに多く含まれているので、貧血に悩む方も積極的に食べたいですね。