プルプルのバジルシードで便秘解消しながらダイエット

basilseed2

最近流行りのバジルシード。
見た目はちょっと気味が悪い…という方も多いですが、とっても食物繊維が豊富で便秘解消にもダイエットにも最適な食材です。

そこで、バジルシードの便秘解消効果や、おすすめの食べ方などをご紹介したいと思います。

バジルシードは最強の便秘解消フード!

バジルシードとは、タイが原産の種子のことです。
50%が食物繊維でできている、とても食物繊維が豊富な食材です。
たった4g(小スプーン1杯程度)でレタス1個分の食物繊維がとれる上、不溶性の食物繊維なので胃や腸にたまった老廃物や不要なものをからめとって体の中をキレイにしてくれます。

さらにバジルシードにはα‐リノレン酸が豊富に含まれています。
α‐リノレン酸とは、青魚に含まれる油と同じで、体脂肪を燃やす効果や、細胞膜を柔らかくしてお肌をすべすべにしたり、血液をサラサラにして冷えや浮腫みを解消する効果もあります。

血液がサラサラになって代謝が上がることで、内臓の動きもよくなり便秘にもゆっくりと効果が表れます。

また、バジルシードは水を含むと30倍に膨らむんです。
それは暖かく雨の少ない地方で育ったため、少しの水でもたくさん溜めておけるように育ったからと言われています。

そのため、水分と一緒にとることでお腹が膨らみ満腹感が得られます。
しかも1gあたりたったの1kcalしかないので、たくさん食べられますし、味も色々なものに混ぜて使える味なので使い勝手がいいのも特徴です。

便秘解消にもダイエットにも使えますね。

バジルシードのおすすめの食べ方

バジルシードのおすすめの食べ方は、お好きな飲み物に混ぜる方法です。
約10分で30倍に膨らみ、食感はタピオカのようなプルプルしたものになります。

果汁ジュースならさっぱりデザートになりますし、お水やお茶でヘルシーにするのも合います。

また、サラダにかけたり、ハンバーグやクッキーに混ぜる方法もあります。
プルプルした食感ではなく、プチプチしたゴマのような食感で美味しく食べられます。

食べ物に混ぜる時は水分を摂りながら食べることで、お腹の中で膨らんでダイエット効果が得られます。
というより、水分と一緒に摂らないと腸の中の水分を吸ってしまい、逆にお通じを悪くしてしまう可能性があるので、しっかり水分を摂りましょう。

最近ではこういったジュースと混ざっているものも売っているので、おやつ代わりにするのもいいですね。

basilseed