ハチミツを取り入れて便秘解消&美肌をゲット

honey

ヨーグルトのお供や食パンなどにハチミツをつけて食べている、という方は多いですよね。
独特の香りと甘さで癒し効果もありますし、美容効果や美肌効果も高いので、食べるだけでなくお肌に塗ったりパックとしても人気があります。

そんなハチミツには、実は便秘解消効果もあります。

そこで、ハチミツの便秘解消効果や美容効果などをご紹介したいと思います。

ハチミツの便秘解消効果

ハチミツには3つの便秘解消効果があります。

効果1.グルコン酸が腸内環境を整える

ハチミツに含まれるグルコン酸という成分は、腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を整える効果があります。
食物繊維を摂っているのになかなか便秘が解消されない、という方は腸内環境が悪化している可能性があります。

そのため、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善することはとても効果があります。

効果2.グルコン酸が腸を刺激

グルコン酸にはさらに、腸を刺激する効果があります。
お手洗いを我慢するクセがある方は、腸が鈍くなってしまうのでこの効果はとても有効です。

効果3.保湿効果が便を柔らかく

ハチミツには高い保湿効果があります。

そのため、便に水分を与えて柔らかくする効果があります。
便が固くなりやすい、という方にもおすすめです。

その他ハチミツの美容効果

豊富なアミノ酸が成長ホルモンの分泌を促進

ハチミツには豊富なアミノ酸が含まれていますが、アミノ酸は寝ている間に成長ホルモンの分泌を促進します。
そのため、お肌のターンオーバーを正常にして美肌に導いたり、体を若々しく保つ効果があります。

ビタミンB群が代謝アップ

ハチミツに含まれるビタミンB群は、糖質や脂質の代謝に欠かせないビタミンです。
そのため、食事で摂ったエネルギーをしっかり代謝し、体脂肪になるのを防ぎます。

殺菌効果で肌荒れ予防

ハチミツには強い殺菌作用があります。
お肌に塗ってパックすることで、肌荒れやニキビを防ぐ効果があるんです。
また、保湿効果も高いので、乾燥肌の方にもおすすめです。

便秘解消効果をアップする食べ方

これだけ素敵な効果が詰まったハチミツですが、便秘解消効果をアップする食べ方をご紹介します。

まず1日に食べたいハチミツの量ですが、スプーン1杯~2杯を目安にしましょう。
また、高活性度のマヌカハニーは加熱しても栄養価が壊れないと言われていますが、普通のハチミツは熱を加えることで栄養価壊れてしまうので加熱せず食べるのがおすすめです。

  • 加熱しない食べ方としては
  • ヨーグルトに混ぜる
  • シリアルにかける
  • 冷やしたハーブティーに入れる
  • トーストにかける
  • バナナなどのフルーツにかける
  • チーズにかけて食べる

などの方法があります。
また、栄養価は少し下がってしまいますが、カフェなどでお砂糖の代わりにハチミツを入れられるところもあるので、お砂糖の代わりにいれるのもいいですね。

また、お好きなナッツとハチミツを瓶漬けにしたり、ショウガやレモンのハチミツ漬けもおすすめです。

ハチミツがお好きな方は毎日そのまま食べてもOKです。

ハチミツを購入するときは、できるだけ国産、保存料や添加物を使用していないものを選ぶようにしましょう。