ナタデココでコリコリ食感を楽しんで便秘解消!

ナタデココ

一昔前に大流行したナタデココ。
今でもスーパーやコンビニで見かけますし、ゼリーやヨーグルトに入っているものもあるので、1度は食べたことがあるのではないでしょうか。

コリコリとした独特な食感が特徴のナタデココに、実は便秘解消効果があるんです。

そこで、ナタデココの栄養素や便秘解消効果などをご紹介したいと思います。

ナタデココってそもそも何?

ナタデココとはそもそも何からできているのでしょうか。

ナタデココは元々ココナッツからできていて、スペイン語で『ココナッツに浮く上皮』という意味があります。

ココナッツウォーターにお水と砂糖を加え、そこに、酢酸菌の一種であるアセトバクター・キシリナムという菌を加えて発酵させます。
そうすると上の方に膜のようなものができるので、それを取り出してサイコロ状に切り分けたものがナタデココです。
日本で売られているナタデココはさらにそれをシロップに浸けて甘くしてあります。

ナタデココの便秘解消効果

ナタデココの原料であるココナッツウォーターは、セレブの間でも人気があるほどデトックス効果の高い水分です。
そのココナッツウォーターを発酵させるときに、アセトバクター・キシリナムという菌が「微生物セルロース」という食物繊維の一種を生成します。
その微生物セルロースに便秘を解消する効果があります。

微生物セルロースはお腹の中の老廃物をキレイにしてくれたり、血液中のコレステロールを下げる効果もあります。

この食物繊維は水溶性の食物繊維なので、便の水分量を上げて柔らかくしたり、善玉菌のエサとなって腸内環境を整える効果もあるので、便が固くなりがちな方やオナラの臭いが気になる方におすすめです。

さらに、ナタデココ自体は99%が水分で残り1%が食物繊維なので、カロリーもほぼ0です。
日本のナタデココは甘いシロップに浸かっているので、そのシロップの分はカロリーもありますが、100g食べても60kcal程度なのでダイエットにも向いています。

ナタデココの美味しい食べ方

ナタデココはすでに甘く味付けされているのでそのままでも美味しいですが、ヨーグルトに入れたりゼリーに入れても美味しく頂けます。

コリコリした食感で咀嚼回数を増やしてくれるので、噛まずに呑み込んでしまいがちなヨーグルトやゼリーにはぴったりなんですね。

水溶性の食物繊維は水分と一緒に摂るとさらに便秘解消効果がアップします。
そのため、ナタデココを食べる時は常温のお水やノンカフェインのお茶などを一緒の飲むといいでしょう。