オリーブオイルで便秘を解消!便を柔らかくしてスルスル便に

oliveoil

地中海などオリーブオイルがよく使われる地域では、便秘になるとオリーブオイルを食べて治す、というくらい便秘には欠かせないものだそうです。

日本食にはあまり馴染みがないオリーブオイルですが、上手に摂ることで便を柔らかくしてスムーズな排便を促すため、便秘にとても効果があると言われています。

ある研究によると、便秘に悩む方に2週間オリーブオイルを摂取してもらったところ、64人中63人が便秘が解消されたのだとか!

自然な食事で簡単に便秘が解消できる上、簡単だし健康にもいいのでとてもおすすめな食品です。

そこで、オリーブオイルの便秘解消効果や、上手な摂り方などをご紹介したいと思います。

オリーブオイルで便秘が治る理由

オリーブオイルにはオレイン酸という成分が豊富に含まれています。
オレイン酸は植物性の油によく含まれる不飽和脂肪酸という種類の油です。

対して飽和脂肪酸と呼ばれる油はお肉の油やバターなど、常温で個体の油で、血中の善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やしてしまいます

不飽和脂肪酸は逆に善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしてくれるので、血液をサラサラにして血流をよくする効果があります。

動脈硬化などを予防する、と言われると若い方はあまりピンとこないかもしれませんが、血液がサラサラになることで、冷え浮腫みが解消されたり、体の隅々まで栄養や酸素が運ばれるので代謝が上がって痩せやすくなったり、お肌の代謝が良くなって肌荒れニキビが解消されるという効果もあります。

さらに、オリーブオイルに含まれるオレイン酸はある程度の量を摂ると胃でも吸収されず、小腸でも吸収されないのでそのまま大腸に届いて便を柔らかくしたり、潤滑油となって排便を促してくれる効果があるんです。

ある程度の量、というのは15ml~30mlくらいです。
大匙1杯~2杯くらいですね。

普段ダイエットなどで油は控えている、という方にはけっこうな量に見えますし、カロリーも120kcal~240kcalあります。
でも胃や小腸で吸収されずに大腸に届くので、このカロリー全部が体に吸収されるわけではありませんし、良質なオイルはかなりの量摂りすぎない限り代謝をよくして脂肪が燃えやすい体にしてくれるので、むしろ積極的に摂った方がいいんです。

便秘に効くオリーブオイルの摂り方

では便秘に効くオリーブオイルの摂り方ですが、一回で15ml~30ml一気に摂るのがおすすめです。
というのも、少しずつ少しずつ摂ってしまっては胃で吸収されて大腸まで届かないからです。

オリーブオイルは180度くらいで加熱しても酸化しないため、炒め物やパスタなどにも使えますが、毎日摂るのであれば何かに混ぜて食べることを習慣にしてしまったほうがラクです。

人気があるのはヨーグルトに混ぜる方法です。
甘くない無糖のヨーグルトにオリーブオイルを大匙1~2杯かけ、お好みでブラックペッパーを振りかけます。

お味噌汁にかけたり納豆に混ぜるのも人気がありますが、独特の香りが和食とあまり合わない、という方もいるので、自分に合った方法を見つけましょう。

もちろん、スプーンでオリーブオイルだけを飲める方はそれもOKです。

摂るタイミングは、がオススメです。
朝から腸のぜん動運動を促すことで、排便に繋がります。

とっても簡単な上、健康や美容にもいいので気になった方は試してみてくださいね。