食物繊維の豊富なもやしで便秘を解消!食べるタイミングや量は?

もやし

シャキシャキした食感がクセになるもやし。スーパーなどで安く購入できることから、1人暮らしやお子さんが多い方は食卓によく並ぶという方も多いですよね。

そんなもやしが、実は便秘解消にとても役立つんです。
便秘解消だけでなくダイエット効果や意外にも美容効果の高いもやしについてご紹介します。

もやしは便秘に効く!その理由とは?

もやしには、便秘解消には欠かせない食物繊維が豊富に含まれています。
1袋で3.1gも含まれていますが、火を通すことでボリュームダウンし、意外と女性でも1袋ペロッと食べれてしまうのでしっかりと食物繊維を補給できます。

また、ビタミンCが豊富なのも特徴です。
ビタミンCというと美白効果などお肌への効果を思い浮かべがちですが、実は体内の色々な箇所で使われています。

そのため不足しがちな栄養素ですが、たっぷり補給することで腸にも回されます。
ビタミンCは腸内で善玉菌、特に乳酸菌のエサとなり腸内環境を整える効果があります。

善玉菌が増えて腸内環境が整うことで、便が体外に排出されやすくなるので便秘が解消されます。

さらに、もやしは1袋あたりたったの35kcal~45kcalしかありません。
そのためたくさん食べてもカロリー過剰になることはなく、ダイエット効果も期待できます。

食べるタイミングや量は?

もやしの食べる量やタイミングは得に決まりはありません。

おかずとして取り入れるのもいいですし、ダイエット効果を期待するのであれば夜ごはんの主食替わりにする方もいます。

簡単な食べ方としては、レンチンしたもやしにポン酢やドレッシングなどをかけるだけの食べ方がありますし、卵と一緒に炒めたり、麻婆豆腐の素と混ぜたり、ラーメンのスープと茹でたもやしでなんちゃってラーメンにする食べ方もあります。

クセがないので色々な味付けが合うのがいいですよね。
また、洗ったり切ったりする手間がないので忙しい方にもおすすめです。

便秘を解消しつつダイエットもしたいな、という方にはぴったりの食材ですし、お値段も安いので気になった方は早速取り入れてみてください。