低カロリーこんにゃくで便秘解消!こんにゃくの効果と注意点

こんにゃく

昔からこんにゃくはお腹をキレイにする、お腹をお掃除すると言われていて、便秘にいいイメージがありますよね。
実際に便秘解消のために食べている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこんにゃくは食べ過ぎるとむしろ便秘を悪化させてしまう、ちょっと注意が必要な食べ物なんです。

そこで、こんにゃくの便秘に効果や、注意点などをご紹介していきたいと思います。

こんにゃくの便秘解消効果

こんにゃくには食物繊維が豊富で便秘を解消する効果があります。

ただ、食物繊維には種類が2種類あります。
不溶性の食物繊維水溶性の食物繊維です。

不溶性の食物繊維はサツマイモや豆類などに多く含まれていて、いわゆるモソモソした食感や繊維質であることが多いです。水溶性食物繊維は、海藻類やオクラなどネバネバしていることが多いです。

不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸のぜん動運動を促します。
水溶性食物繊維は便を柔らかくしたり、善玉菌のエサとなって腸内環境を整えます。

どちらも便秘解消には必要ですが、例えば長期間便秘になっていて、腸の中で便がカチコチになっている時は水溶性食物繊維のほうがよく効きます
逆に不溶性食物繊維は水分を吸ってしまうので、水分が足りないと更に便を固くしてしまい、さらに便秘を悪化させてしまうのです。

そのため、よく便秘になって便が固くなる方は水溶性食物繊維を意識して摂りたいんですが、実はこんにゃくに含まれる食物繊維は不溶性の食物繊維なんです。
グルコマンナンという食物繊維は本来は水溶性なんてんすが、こんにゃくを作る際に使う水酸化カルシウムという凝固剤の影響で不溶性の食物繊維になってしまうんです。

だからと言って、こんにゃくが便秘によくないかと言うとそんなことはありません。
むしろ、現代食では不溶性の食物繊維も不足しているので、適度に食べることでお通じがよくなります。

しかし、とりあえずこんにゃくをバクバク食べていればいいかと言うと、少し注意が必要です。

こんにゃくの食べる量と注意点

こんにゃくを食べて便秘を解消するには、たくさん食べればいいのね!と思いがちですが、目安としては1日に250gまでにしておきましょう。

250gというと、板こんにゃく1枚程度です。

おでんのこんにゃくであれば、三角のこんにゃくが2つ、もしくは白滝が2つくらいです。

意外と量があるのでお腹に溜まり、他のおかずの量が減ってダイエットに繋がります。

また、注意することとしては、不溶性の食物繊維の働きで便が固くならないようにしっかり水分をとることと、水溶性食物繊維もバランスよくとるために、海藻を意識して食べたりすることです。

とくに水分に関しては、便が固くなりやすい方は注意してくださいね。

こんにゃくの土臭さが苦手な方は、こんにゃくゼリーや、ご飯に混ぜて炊くタイプのこんにゃくなどもオススメです。

最近では白滝を使ってラーメンやパスタに見たてるレシピもあるので、飽きないで食べることができると思います。
食事で摂る際は水分を意識して摂りやすいですが、ゼリーなどおやつとして食べる場合は水分不足に気をつけましょう。