赤ちゃんの便秘に綿棒浣腸!やり方やタイミングは?

綿棒

赤ちゃんが便秘で苦しそうにしていると、なんとかしてあげたい!と思いますよね。

そんな赤ちゃんの便秘解消に即効性がありおすすめなのが、綿棒浣腸です。

直接刺激を与えるので確実性も高く、クセになることもないですし簡単なので、一刻も早く便秘を解消してあげたい!という時はぜひやってもらいたい方法です。

ただ、やり方にいくつか注意点があるのでご紹介したいと思います。

赤ちゃんに綿棒浣腸する方法

赤ちゃんに綿棒浣腸する方法は、基本的に綿棒をお尻から入れて刺激するだけです。
とても簡単ですが、いくつか注意点があります。

綿棒はオイルで湿らす

綿棒は摩擦でお尻を傷付けないようにオイルを含ませます。
使うオイルはオリーブオイル、サラダオイル、ベビーオイルなど基本的になんでも大丈夫です。

オイルがない場合はワセリンでも大丈夫ですが、しっかり含ませて滑りをよくしましょう。

綿棒は大人用を使う

綿棒は基本的に大人用が売られていますが、赤ちゃんや小さいお子さんがいらっしゃる場合、お子様用の綿棒をお持ちの方もいらっしゃいますよね。
ただ、お子様用の綿棒は綿が少なく小さ目で硬いので、お尻や腸を傷付けてしまう可能性があるので、大人用の綿棒を使うようにしましょう。

新聞紙やタオルを敷く

綿棒浣腸は、赤ちゃんによっては刺激した途端便が一気に出ることがあります。
一応オムツを敷いた上に赤ちゃんを寝かせて行いますが、飛び散っても大丈夫なように、その下にタオルや新聞紙を敷いておきましょう。

綿棒浣腸のやり方

では、綿棒浣腸のやり方をご紹介したいと思います。

  1. まず、タオルや新聞紙をベッドなどの上に敷き、その上に赤ちゃんを仰向けに寝かせてお尻にはオムツを敷いておきます
  2. 綿棒をオイルで湿らして、赤ちゃんの足を広げて肛門の周りを刺激していきます
  3. お尻が刺激に慣れてオイルもついたら、肛門に綿棒を入れていきます
  4. くるくる円を描くようにして15秒~20秒刺激します
  5. 綿棒を抜いて、お腹をさすったり『の』の字にマッサージしてみます

綿棒浣腸を行うタイミング

綿棒浣腸は、授乳や食事の30分後がおすすめです。
そのタイミングで行うと、腸の動きが活発になっているので便が出やすくなります。

回数は1日に3回くらいまで行って大丈夫です。

綿棒浣腸はクセにならない?

綿棒浣腸をしようか悩んでいるお母さんの多くが、綿棒浣腸はクセにならないか、ということですよね。
綿棒浣腸をしないと出なくなってしまって、大人になっても便秘のままなのでは…と不安になってしまいますよね。

ただ、綿棒浣腸はクセになることはありません。
赤ちゃんは腹筋がまだまだ弱く、自分でいきむことができずに便秘になりやすいですが、1歳を過ぎると腹筋もだんだんついてきて自然と便秘が解消されやすくなります。

ただ、イチジク浣腸はクセになりやすいのであまり頼らないほうがいいですね。

綿棒浣腸はあくまでも対処療法

綿棒浣腸はあくまでも対処療法で、赤ちゃんの便秘を根本的に解消するものではありません。
一時でも便が出るとホッと安心してしまいますが、赤ちゃんによってはだんだん嫌がるようになったりするので、綿棒浣腸という手が使えなくなってしまいます。

赤ちゃんが苦しそうにしている時はなんとかしてあげたいですし、綿棒浣腸はクセにはならないですが、綿棒浣腸をするだけでなく赤ちゃんの便秘をしっかり解消していける方法も見つけていきましょう。