砂糖水で赤ちゃんの便秘を解消する方法

砂糖2

赤ちゃんの便秘解消に砂糖水が効くというのをご存知でしたか。

便秘になると大泣きしたり機嫌が悪くなる赤ちゃんも多いので、お母さんも心配になったり少し疲れてしまったりして、早く解消してあげたい、という気持ちが強くなりますよね。

しかし赤ちゃんは、まだ上手にいきむことができなかったり、胃腸の発達が不十分で便秘になることが多いんです。

そんな赤ちゃんの便秘に、砂糖水が効くんです。
ただのお砂糖を混ぜたお水ですが、便秘解消できる理由や、作り方、飲む量などご紹介したいと思います。

赤ちゃんの便秘解消に砂糖水か効く理由

砂糖には体内で水分とくっつく性質があるので、便の水分量を多くして便を柔らかくし、出しやすくする効果があります。

使うのはお砂糖と水だけなので、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。
お砂糖の量も少なくほんのり甘い程度なので、赤ちゃんがクセになることもありません

砂糖水で便を柔らかくして、お腹マッサージなどで腸を刺激してあげることで、より便秘解消効果がアップします。

便秘解消に効く砂糖水の作り方

便秘解消のための砂糖水は、お砂糖を5%にします。
あまり濃いと下痢を引き起こしてしまいますし、赤ちゃんが甘いものを好み砂糖水をほしがったり母乳を飲まなくなる可能性があるので、5%程度にしておきましょう。

舐めるとほんのり甘い程度の濃さで、赤ちゃんも飲みやすいのでほとんど嫌がる赤ちゃんはいません。

作り方

  1. 哺乳瓶に、60度くらいのお湯を100ml入れ、お砂糖を5g入れよく溶かします
  2. 人肌〜40度くらいの温度になったら、30ml〜50mlを様子を見ながらあげましょう
  3. 哺乳瓶で上手く飲めない時は、スプーンやスポイトを使っても構いません

砂糖よりオリゴ糖のほうが○

オリゴ糖

普通の白砂糖などは、摂りすぎると腸内の悪玉菌のエサになってしまい、便秘を招く原因になってしまいます。

小さな赤ちゃんにお砂糖をあげるのがちょっと心配…という方は、オリゴ糖がオススメです。

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサにもなるので、長期的に見ても便秘解消に繋がりますし、優しい甘味で赤ちゃんにぴったりです。
母乳やミルクにはこのオリゴ糖がたくさん含まれているのですが、離乳食に移行していくとオリゴ糖の摂取量が減っていくので、飲み物で摂るのはとても効果的なんです。

ただ、スーパーなどで売っているオリゴ糖はオリゴ糖の他に添加物や人工甘味料が入っているので、注意が必要です。
オリゴ糖を選ぶ時は純度の高いものを選び、添加物や人工甘味料が入っていないものを選ぶようにしましょう。