赤ちゃんの便秘の症状は?チェックするポイント

泣く赤ちゃん

子供が大きくなり、自分の体調のことが自分で分かり伝えられるようになれば、風邪でしんどい、お腹が痛いなど分かりますが、赤ちゃんのうちは便秘でツラくてもそれを言葉では伝えられないので、お母さんが便秘かどうか見てあげる必要がありますよね。

しかし便秘と言っても、大人でも毎日出ないと便秘と感じる人もいれば、2〜3日に1回でも平気という人もいて、個人差がありますよね。

そのため赤ちゃんの便秘も、何日出ないと便秘、とは言い切れない部分があります。
しかし、便秘になると出やすい症状はいくつかあります。

赤ちゃんの便秘の症状

赤ちゃんが便秘になると

  • 3〜5日以上便が出ていない
  • 食欲がなくなる
  • お腹が張っている
  • 食べてもすぐもどす
  • お腹も空いていない、眠くもないのにぐずったり大泣きする

といった症状が出てきます。

1番は便の出るペースが分かりやすいですが、お腹が張っていたり、食べてもすぐやめたりもどしたりする場合は便秘を疑ってみましょう。

また、ミルクや食事をあげたし、眠たいわけでもないのにぐずったり大泣きする場合は、便秘でお腹が不快なのかもしれません。

新生児・乳児の便秘

新生児や乳児は母乳やミルクしか飲まず、水分しか摂っていないので便秘になることも少ないです。
便の回数も1日に数回と多いです。

母乳にはオリゴ糖が多く含まれているので腸内環境を整える効果があり便秘にはほとんどなりませんが、ミルクの場合母乳より消化に時間がかかるので便秘を引き起こすことがあります。

離乳食期の便秘

赤ちゃんが便秘になりやすいのは、母乳やミルクなどの水分だけの食事から、離乳食になった時です。

腸の中に食べ物を溜めておけるようになるので、乳児の頃よりは便の回数が減ります

また、液体だけだったのが個体も混ざることで最初は消化に時間がかかり便秘を引き起こすことがあります。

母乳を飲む量が減ることで、オリゴ糖の摂取量が減ったり水分摂取量が減るのも便秘を引き起こす原因の1つです。

離乳食期以降の便秘は、水分摂取量が少なくならないようにすることと、離乳食で食物繊維や乳酸菌を意識して多くしてあげることで解消していきます。
サツマイモやりんご、バナナなどの食物繊維の多いものや、ヨーグルトや麹からできた甘酒など上手く取り入れてみましょう。

ヨーグルトは乳製品が体質に合わない子もいるので、粉末タイプのものを使ったり、オリゴ糖などを使ってみましょう。

なかなか治らない時は病院へ

水分摂取量や離乳食にも気をつけているけどなかなか便秘が解消されない、という時は病院へ行きましょう。
もしかしたらいきんだ時にお尻に傷ができていて、排便を嫌がっているかもしれませんし、何か別の病気が潜んでいるかもしれません。

すぐにもどしたり食欲がない場合、体重が増えないということにも繋がりますので、早めに病院に行きましょう。