母乳しか飲んでいない赤ちゃんの便秘の原因は何?

Asian baby drinking breastmilk

赤ちゃんにはできるだけ母乳しかあげていないのに、

便の回数が少なく、毎回顔を真っ赤にしている
頑張ってもチョロっとしか出ない

そんな便秘の症状が出ていると、母乳で頑張っているのに何で・・・?と不安になりますよね。

そんな母乳メインで子育てしているのに赤ちゃんが便秘になる原因をご紹介したいと思います。

母乳で便秘になる原因

一般的に母乳で育てている赤ちゃんは、ミルクで育てている赤ちゃんより便の回数は多めと言われています。
しかし母乳の場合、飲んだ量がハッキリわからないのが難点ですよね。

まだまだ腸内が綺麗で水分しかとっていない赤ちゃんが便秘になるのは、大体の場合が水分不足(母乳不足)が原因と言われています。
母乳が不足することで、便の材料が足りず、便秘になってしまうんです。

ミルクの場合は飲んだ量が分かるので調整することができますが、母乳の場合、どれくらい飲んだか分かりませんし、赤ちゃんも最初は上手く飲めなかったり、飲む量が自分で分からなかったりするので、不足しやすいんですね。

母乳不足かどうか確認するには、赤ちゃんの体重を確認してみましょう。
パーセンタイル値(発育曲線)の沿ってやや低めでもちゃんと体重が増加していれば、多少便の回数が少なかったり量が少なくても心配することはありません。
しかし、体重増加が足りない場合は母乳が不足している可能性が高いです。

母乳不足が原因で便秘になっても、お腹が詰まることで食欲がなくなり、さらに母乳を飲まなくなっている、ということもあります。
授乳時間が30分と長かったり、授乳しても赤ちゃんがぐずったり泣いたりする場合は母乳不足を疑ってみましょう。

母乳不足の時は・・・

母乳不足が疑われる時は、ミルクも混ぜることを考えてみてもいいかもしれません。
ミルクならあげた量が分かりやすいですし、いつもの母乳に足すことで、母乳不足を解消しやすくなります。

ミルクはあまり考えていない、という場合は、綿棒浣腸やお腹のマッサージをしてみて様子を見ましょう。

母乳が足りている時は・・・

体重も順調に増えているし、母乳は足りていそう。
それなのに便の量が少なかったり回数が少ない場合は、赤ちゃんの体質かもしれません。

排便の時に顔を真っ赤にするのは、赤ちゃんなら普通のことですし、苦しそうな場合はお腹をマッサージしてあげたり、肛門周りを刺激してあげましょう。

また、生後2か月頃に便秘になるのは、赤ちゃんの腸が発達していくうえで起こる一時的な便秘です。
あまり気にせず様子を見ましょう。