赤ちゃんに便秘薬は使って大丈夫?副作用は?

便秘薬

大人でも便秘の時に便秘薬を飲むのは少しためらうことがありますが、まだまだ未熟な赤ちゃんに便秘薬を飲ませて大丈夫なのか心配になるお母さんも多いですよね。

しかし何をやっても便秘が解消されない場合、便秘薬を使ってでも早めに便秘を解消してあげたほうが、便秘の悪化を防ぐことができます。

大人でもそうですが、便秘になると出口付近でどんどん便が硬くなり、フタのようになって詰まってしまいますし、硬くなるほど出す時に肛門周りを傷付けてしまい、痛くて次の排便が怖くなったりします。
それは赤ちゃんも同じなので、早めに詰まった便を出してあげ、次の排便を促すほうが長引く便秘を解消できることもあります。

赤ちゃんに便秘薬を使用するのは不安…という気持ちもあると思いますが、お医者さんから処方されたものは危ない成分が入っていたり副作用があるということもないので、まずは便秘薬を使って詰まりを解消し、その後乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維やマッサージなど便秘薬に頼らない解消法にシフトしていくのも検討されてはいかがでしょうか。

赤ちゃんに処方される便秘薬

病院で赤ちゃんに処方される便秘薬はいくつか種類があります。

酸化マグネシウム

マグネシウム

酸化マグネシウムは妊婦さんの便秘薬としても使われるほど安全な便秘薬です。

浸透圧を利用して便の水分量を上げ、便を柔らかくして出しやすくするためのお薬です。

体内に吸収されることはないので赤ちゃんでも安心して使えます。
クセになることもありません。

モニラック

モニラック

モニラックも酸化マグネシウム同様、浸透圧を利用して便の水分量を増やし柔らかくする便秘薬です。
成分は糖類がメインで、砂糖水で便秘を解消するのと同じ原理です。

モニラックは腸内で乳酸菌により分解され酸を出しますが、この酸が腸を刺激してくれるので、便秘が長引き腸の動きが鈍くなっている赤ちゃんに有効です。
モニラックもクセになることはないので安心して使えます。

ラキソベロン

ラキソベロン

腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬です。

酸化マグネシウムやモニラックでは効果がない時に有効です。

腸に直接刺激が行くので便秘解消効果が高いですが、長期間使用すると体が慣れて効かなくなってくるので、使用期間はお医者さんとしっかり相談しましょう。

テレミンソフト

テレミンソフト

テレミンソフトは坐薬なのでお尻から入れて使うタイプの便秘薬です。
腸に直接入れるので即効性があり、30分程度で便が出ます

勢いよく便が出ることがあるので、周りを汚さないように気をつけましょう。

グリセリン浣腸

グリセリン浣腸

お尻からグリセリンを入れることで、腸を膨らませて刺激し、排便を促します。

お尻から入れることで、1番硬くなっている便を柔らかくして出しやすくするので高い便秘解消効果があります。

液の量などお医者さんにしっかり確認してから使いましょう。

まとめ

便秘薬を使った便秘解消は即効性があるので、便秘で苦しむ赤ちゃんには上手に使ってあげたいところです。

ただあまり長期間頼ると、薬によっては効果がなくなるものもあるので、できれば水分摂取量を増やしたり、離乳食に乳酸菌やオリゴ糖を入れたりして、普段の生活で便秘解消できるように工夫していきましょう。