機能性便秘の種類は3種類?その原因とは

機能性便秘

便秘には大きく分けて器質性便秘と機能性便秘があります。

器質性便秘は病気などが関わり、腸や消化器官自体に問題があり便秘になっている状態の便秘です。

一方機能性便秘は便を作る過程や排便の過程に問題があり便秘になっている状態です。

一般的に便秘、というとこちらの機能性便秘の方が当てはまります。
そこで、機能性便秘について、ご紹介したいと思います。

3種類の機能性便秘

機能性便秘には大きく分けて3種類あります。

急性便秘

急性便秘は旅行や引っ越しなど、生活習慣が変わったり一時的に変わることで起こる便秘です。
また、運動や食事の変化などでも起こったり、入院生活になり環境が変わることでも起こります。

基本的には一時的なものなので、体が慣れれば改善されていきますが、食事内容の変化や急に運動を始めた場合は水分不足になっていないか、食物繊維はきちんと摂れているかなどを見直しましょう。

慢性便秘

便秘、というと一般的にはこの慢性便秘を指します。
数日間便通のない状態が日常的に起こります。

慢性便秘の中にもさらに種類があり、ストレスや自律神経の乱れによって起こる痙攣性便秘、筋力の低下や運動不足によって起こる弛緩性便秘、便意を我慢することで便意が上手く脳に伝わらなくなる直腸性便秘があります。

医療性便秘

医療性便秘は、薬の副作用によって起こる便秘です。
特に、ガン治療に用いられる制吐剤や痛み止めには腸のぜん動運動を抑制してしまう作用があるので便秘を招いてしまいます。
こうした薬の副作用で起こる便秘は、病気の治療が最優先なので、便秘に関しては下剤などを用いて便秘を解消していきます。

機能性便秘の主な原因

機能性便秘はそれぞれ原因がありましたが、急性便秘や慢性便秘については下記のことが原因になっていることが多いので、少し気にかけてみましょう。

運動不足

運動不足になると筋力が低下し、内臓の位置が下がりぜん動運動が上手くできなくなります。
また、運動不足だと自律神経も乱れやすくなるので、腸への指示が上手く伝わらず便秘になりやすくなります。

適度な運動を取り入れることで、お腹まわりの筋肉で腸が刺激されて排便を促したり、ストレス解消になるので便秘解消に役立ちます。

ストレス

ストレスが溜まるとどうしても自律神経系に支障が出てきてしまいます。
便秘だけでなく、睡眠が浅くなったり寝つきが悪くなったり、ホルモンバランスの乱れによって過食を招いたりしてしまいます。

ストレスはなくすことは出来ませんが、ストレスが溜まった時に上手く発散する方法や、できるだけ溜めない方法を身に着けていく必要がありますね。

過度なダイエット

適度なダイエットは健康のためにも必要ですが、過度に食事制限をしたり過度な運動は便秘を招いてしまいます。
特に女性に多いのが、食事制限です。

食事量が減ることで、便があまり作れなくなってしまうので、腸のぜん動運動ができず便秘になってしまいます。
また、激しい運動によって自律神経の乱れを招いてしまうので、運動量や運動時間など見直してみましょう。