お酒の飲み過ぎは下痢だけでなく便秘も引き起こす

お酒

大学やサークルの飲み会、会社の飲み会、接待…男性は何かとお酒を飲む機会も多く、若手の頃は潰れるまで飲まされたりすることもありますよね。

それでお酒が強くなって、毎日晩酌をしている、という方もいらっしゃるかもしれませんが、お酒の飲み過ぎは便秘を引き起こしてしまいます。

よく、お酒を飲み過ぎた次の日は下す、と言いますが、下痢になるだけでなく便秘も引き起こしてしまうんです。
そこで、お酒の飲み過ぎと下痢や便秘の関係性についてご紹介したいと思います。

お酒の飲み過ぎで下痢になる理由

お本来便の水分が腸から吸収されるところを、アルコールが腸に届くことで阻害されてしまいます。
そのため、便の水分量が普段よりも多くなってしまい、下痢を引き起こしてしまいます。

また、アルコールには小腸を刺激する作用もあるので、腸の動きが活発になるのも下痢になる原因の1つです。

さらに、お酒の中でもビールやチューハイ、焼酎の水割りなど冷たいものを飲んでいると、お腹が冷えて下痢を引き起こしてしまいます。

お酒を飲むときのおつまみも重要です。
脂っこいものだと、お酒を飲む消化酵素の1つである胆汁がただでさえ分泌されにくくなるので、消化しきれず腸に届いてしまい、消化不良を起こし下痢の原因になってしまいます。

下痢から便秘へ…

下痢になるから、多少ツライけど便秘とは無縁!なんて思っていませんか。

実は下痢になることで腸内の善玉菌も強制的に流されてしまいます
そうすると腸内環境が悪化し、悪玉菌が増えるので、オナラが臭くなったり、腸の動きが鈍くなって便秘を引き起こしてしまいます。

普段からお酒を飲んでいて、お酒を飲むのをやめるとお通じが悪くなる、という方は、便秘にはなっていなくても腸内環境がかなり悪化している可能性もあるので要注意です。

お酒による、下痢、便秘を予防するには

お酒による下痢や便秘を予防するするには、もちろんお酒の飲む量や回数を減らすのが1番です。
でもお付き合いでなかなかそうもできない、という時は、アルコールの分解を助けるしじみやハマグリを一緒に食べたり、ウコンドリンクを飲んでおくのがオススメです。

また、お酒はできるだけ冷たいものではなく、お湯割や熱燗などお腹を冷やさないものにしたり、冷たいものを飲む時はお味噌汁やお鍋など温かいものを一緒に食べるようにしましょう。

おつまみは、消化しやすいお豆腐や白身魚、葉野菜などがオススメです。
お刺身、冷奴、湯豆腐、サラダを意識して摂りましょう。

逆に揚げ物やお肉は消化不良を起こしやすいので、お酒を飲むときは控えたいところです。
〆のラーメンもかなり胃腸に負担がかかるので、控えましょう。

それでも下痢をしてしまった!という時は、腸内環境を整える乳酸菌オリゴ糖を摂ることで、その後の便秘を予防することができます。
乳酸菌はヨーグルトに多く含まれていますが、お漬け物やキムチ、納豆、味噌、麹などの発酵食品にも含まれています。

牛乳など乳製品を摂ると下痢しやすい方は、日本に昔からあるお漬け物や納豆がオススメです。
二日酔いでなかなか食事も気を遣えない、という時は乳酸菌のサプリメントや、乳酸菌のエサになるオリゴ糖のサプリメントもあるので、上手に活用してみましょう。