男性の便秘の原因と治し方

男性の便秘

便秘、というと女性のものというイメージが強いですが、実は便秘に悩む男女は20%もいるんです。
5人に1人、というとけっこうな割合ですよね。

男性の便秘は女性の便秘とは少し原因も違うので、男性の便秘の原因と、治し方をご紹介したいと思います。

男性の便秘の原因

男性の便秘には原因がいくつかあります。

原因1.ストレス

ストレスは誰しもあるものですが、社会に出て働く男性はストレスが溜まりやすいですよね。

女性は結婚や出産を機に働き方が少し変わりますが、男性の場合ほとんどの人が定年まで、或いはそれ以上働き続けることになります。

女性にストレスがない、というわけでは決してありませんが、女性とはまた少し違ったストレスがかかるのは事実です。
家族がいる方は家族を養わなければいけない、出世を目指さなければいけない、上司に気を遣わなければならない、といった緊張感やストレスに晒されやすいものです。

そのため、自律神経が乱れる痙攣性便秘という種類の便秘になりやすいのが、男性の便秘の特徴です。

痙攣性便秘はストレスによって交感神経が過剰に優位になることで、腸の動きが弱まり便秘につながります。
また、反動で副交感神経が優位になると、今度は下痢を引き起こします。

便秘だけでなく下痢も引き起こす人が多く、下痢の時にお腹の中がスッキリ出てしまうので便秘に気がつかない方もいます。

原因2.食生活の乱れ

ランチはガッツリラーメンやお肉の定食、夜は丼やコンビニ弁当、という食生活の方は多いのではないでしょうか。

特に独身の男性であれば、仕事から帰って自炊をするのは面倒で、帰り道にファストフードや簡単なものを食べて済ませてしまったり、コンビニのご飯やカップラーメンなどに頼りがちですよね。
また、若い男性であれば量をしっかり食べたいので、安くてお腹に溜まるもの、となると栄養より量で考えてしまいますよね。

そうすると、ビタミンや食物繊維の豊富な野菜類、キノコ類、海藻類など不足してしまい、便秘を引き起こしやすくなります。
特に朝は缶コーヒーとパン、お昼はラーメン、夜はコンビニ弁当、のような食生活だと、炭水化物と脂質に偏った食生活になってしまうので要注意です。

炭水化物や脂質、動物性のタンパク質は体に必要な栄養素ではありますが、それに偏った食事だと、腸内の悪玉菌のエサとなり、腸内環境がどんどん悪化してしまい、腸の動きが弱まり便秘になってしまいます。

原因3.運動不足

女性に比べると男性は筋肉がつきやすいですが、それでも運動不足の場合便秘を引き起こしやすくなります。

特にデスクワークなどであまり動かない上、パソコンを使うお仕事の場合、姿勢が悪くなりやすいので、内臓の位置が本来の位置からズレて腸を圧迫してしまい、便秘を引き起こしやすくなります。

歩いても通勤のときだけ、普段は運動しない、という方は運動不足も便秘の原因かもしれません。

男性の便秘の治し方

男性が便秘を治すには、規則正しい生活と、食生活の改善が大切になります。
もちろんストレスを減らせればいいですが、ストレスを減らすというのはとても難しいですよね。

しかし腸内環境が整い善玉菌が増えれば、セロトニンという物質が分泌されやすくなります。

セロトニンは別名幸せホルモンなどと呼ばれ、不安やイライラを抑えてリラックスする効果があります。
ストレスに強い体になりやすい、ということですね。
そのため、ストレスによる痙攣性便秘の改善にも役立ちますし、ストレスを軽減できるのは嬉しいですよね。

食生活の改善は、腸内をキレイにする食物繊維をしっかり摂ることと、善玉菌を増やす乳酸菌オリゴ糖を取るのが大切です。

まずは朝食で乳酸菌の多いヨーグルトやお漬け物、お味噌汁を摂ってみて、ランチもラーメンやうどんではなく、お漬け物やお味噌汁のついた定食にしてみましょう。
夜はお酒はできるだけ控え、揚げ物よりもお刺身や冷奴、枝豆、サラダなどヘルシーで栄養価の高いものをバランスよく食べるようにしましょう。

どうしても仕事のお付き合いなどでなかなか改善できない場合は、食物繊維や乳酸菌のサプリメントに頼ってしまうのもありです。

便秘が長引くと口臭や体質の原因にもなりますし、ひどいと大腸ガンなどの病気にもつながってしまいます。

まずは食生活の改善、できるだけ睡眠をしっかり摂ることを意識し、便秘やストレスに負けない体作りをしていきましょう。

記事一覧

お酒

お酒の飲み過ぎは下痢だけでなく便秘も引き起こす

大学やサークルの飲み会、会社の飲み会、接待…男性は何かとお酒を飲む機会も多く、若手の頃は潰れるまで飲まされたり...