便秘が原因で口臭や体臭がキツくなる!?その原因は?

口臭

便秘がひどくなると口臭にも影響する、と聞いたことはありませんか。

口臭は自分でも気になりますし、周りの人にもイヤな思いをさせていないかと思うとすぐにでもどうにかしたいですよね。

そこで、便秘と口臭の関係についてご紹介したいと思います。

便秘が引き起こす口臭

便秘になると、腸の中に溜まった便がだんだんと腐敗していき、アンモニアなど腐敗臭の素となる有毒なガスを発生させてしまいます。

これがおならとして外に出ればいいですが、便秘で便が詰まっているとガスも一緒に閉じ込められてしまいます。

そんな状態がしばらく続くと、ガスは腸壁から血液に吸収され、全身に巡ってしまいます。
全身に巡ると、代謝を悪くしたり肌荒れの原因にもなってしまいますが、肺から出て呼吸と一緒に口から出てきたり、唾液に溶け込んで臭いの元として出てきててしまいます。

それが口臭の原因となるんですね。

便秘による口臭の特徴

口臭には色々原因がありますが、便秘による口臭の場合、おならのような腐敗臭がするのが特徴です。

またこの腐敗臭は、口からだけでなく全身から滲み出てきてしまうので、なんとなく体が便のようなおならのようなニオイになってしまいます。
女性であれば更にそんな事態は避けたいですよね。

便秘による口臭を防ぐには

便秘による口臭を防ぐには、もちろん便秘を解消するしか方法はありません
歯磨きや口臭対策のサプリメントなど、一般的な口臭対策は一時的なものにすぎず、唾液や呼気から出てくる腐敗臭を防ぐことはできません。

口臭を防ぐには、腸内環境を整えていくのがオススメです。
腐敗臭が出るのは、食べたものに悪玉菌が増殖する時に出てしまうので、悪玉菌を抑えて善玉菌の多い腸内環境に整えていくことで、便秘も改善されつつ悪玉菌の繁殖も抑えてニオイも抑えていくことができます。

善玉菌を増やすには、乳酸菌の多い発酵食品がオススメです。
ヨーグルトなどの乳製品は体質に合う合わないがあるので、納豆やお漬物、味噌など和食から取り入れてみましょう。

乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も一緒に摂取していくことで、さらに効果アップするので、早く改善したい方はオリゴ糖も摂ってみましょう。

便秘が原因ではない口臭

便秘は口臭の原因にもなりますが、口臭は他にも原因が潜んでいることが多いです。
一時的なものであれば丁寧に歯磨きをすることで改善されていきますが、なかなか改善されない場合、下記のような病気が絡んでいるかもしれません。

  • 虫歯、歯周病など口内の病気
  • 蓄膿症や扁桃炎など鼻や喉の病気
  • 慢性気管支炎など呼吸器系の病気
  • 糖尿病

これらの病気でも口臭が発生しやすくなるので、気になった方は早めに病院を受診してみましょう。