秋の便秘は食欲と冷えに注意!上手な解消法とは

秋

食欲の秋、読者の秋、スポーツの秋、芸術の秋、など色々言われますが、そのくらい秋は何をするにもうってつけの季節です。

暑い夏が終わり涼しくなるし、美味しい食べ物も増えるので楽しみが多くなりむすよね。

しかし、そんな秋だからこそ便秘になってしまう原因がいくつかあるんです。

そこで、秋になる便秘の原因と、上手く解消する方法をご紹介したいと思います。

秋の便秘の原因

秋になる便秘には、いくつか原因があります。

原因1.食欲が増す

暑い夏が終わると、だんだんと食欲が戻ってくる上に、秋ならではの食材を使った美味しい料理やスイーツが並ぶので、どうしても食べ過ぎてしまいがちです。
この時期にしか食べられないから!とついつい色々食べてしまいますが、たくさん食べることで消化にエネルギーを取られてしまい、排出までエネルギーが使えず便秘がちになります。

特に、夏バテを起こして食生活が偏っていたり冷たい物ばかり摂って内臓が冷えている場合、消化力も落ちているので、さらに便秘になりやすくなります。

原因2.冷え込みによる気温差や気温低下

秋の始まりは涼しくて過ごしやすくても、いきなり冷え込んだり、朝と夜は急に寒く感じたりしますよね。

その気温差で自律神経が乱れて体調を崩しやすくなったり、自律神経の乱れによる便秘を引き起こしてしまいます。

また、急に冷え込むことで血行が悪くなり代謝が低下したり、内臓の動きが悪くなり便秘に繋がってしまいます。
湿気の多い夏から一変し、乾燥した季節になるので水分補給も大切になってきます。

秋の便秘は食べ過ぎと冷えに注意

秋の便秘を解消するには、食べ過ぎに注意すること冷えに注意することが大切です。

夏バテをしていた年ほど、反動で秋に食べ過ぎてしまう傾向がありますが、夏バテによって胃腸が弱っているのでさらに便秘を悪化させてしまいます。

食欲がどうしても止まらない!という方は、スイーツや揚げ物ではなく、秋の美味しいキノコを使った炒め物や、血液サラサラ効果のあるサンマ、食物繊維の多い焼栗などがオススメです。

また、衣替えが面倒だからと少し無理して薄着をしたりせず、早めに温かいものを着るようにしましょう。

朝とお昼の寒暖差が激しいので、厚手のセーターや上着ではなく、薄手のものを何枚か重ね着し、気温に合わせて調整できるようにしておきましょう。