子供の便秘にオススメの飲み物5選

子ども

子供が便秘になると、トイレのたびに泣いたり苦しそうな表情をしていて、なんとかしてあげたいと思いますよね。
しかし薬を使うのは抵抗がある、そんな時におすすめの、便秘解消こうのある飲み物をご紹介したいと思います。

子供の便秘解消に効く飲み物

白湯

白湯

白湯は水を沸騰させた後60度程度まで冷ましたものです。
温かい飲み物を飲むことで内臓の動きが活発になり便秘を解消する効果があります。
また温かい水分は体に浸透しやすく、硬くなった便の水分量を上げて柔らかくしてくれます。

白湯はアレルギーがあるお子さんでも安心して飲めますし、お金もかからないのでおすすめです。
糖質や脂質も入っていないので、何杯飲んでもいいですし、カロリーを摂りすぎる心配もありません。

ケトルなど電気湯沸かし器を使えば忙しい朝でもすぐ準備できるのも嬉しいですよね。

豆乳

豆乳

豆乳には腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖が含まれています。腸内環境が整うと、腸の動きが活発になるので便秘が解消されやすくなります。

また、豆乳には便の水分量を上げて柔らかくする効果のあるマグネシウムも豊富です。

便が硬くなりやすく、お尻が痛くて便を出したがらないお子さんにもおすすめです。
豆乳単品だと飲みにくい場合は、ココアにしたりバナナとミキサーにかけると飲みやすくなります。

ココア

ココア

ココアには便秘解消には欠かせない食物繊維が豊富に含まれています。
また、ポリフェノールの効果で血流をよくしてくれるので、内臓の動きも活発になります。
さらにココアに含まれるリグニンという栄養素は、腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。

ココアには、ピュアココアと調整ココアがあります。
調整ココアは、ピュアココアに砂糖や乳脂肪などを足して作られたものです。
そのため味は飲みやすく調整されていますが、その分ピュアココアの割合が減るので便秘解消効果は下がります。

おすすめなのは、豆乳などにピュアココアを溶かし、ハチミツやオリゴ糖で甘みをつけて飲みやすくする方法ですが、お子さんが飲みにくい場合は調整ココアにしたり、調整ココアに少しピュアココアを混ぜてみましょう。

乳酸菌飲料

Newヤクルトカロリーハーフ正面

ヤクルトやピルクルなどの乳酸菌飲料には、腸まで生きて届く乳酸菌がたっぷり入っています。甘くて飲みやすいのでお子さんでも飲めますし、少量でも効果が出やすいので手軽に始められます。

乳酸菌にはいくつも種類があり、人によって体内で定着する乳酸菌が違います

そのため、乳酸菌飲料の種類によっては全く効果がないものもあるので、1週間程度続けて飲んでみて、効果がないようであれば別の乳酸菌飲料を飲んでまた様子を見ましょう。

きな粉みるく

きな粉

温めた牛乳にきな粉を溶いただけのドリンクですが、きな粉の食物繊維オリゴ糖が便秘を解消してくれます。
きな粉にはタンパク質も豊富に含まれるので、育ち盛りのお子さんにとてもおすすめです。

牛乳は体質に合わないとお腹を下してしまうので、その時は豆乳がおすすめです。

牛乳ときな粉だけでは甘みが足りず飲みにくいので、ハチミツや黒糖、オリゴ糖を入れて甘みを足しましょう。
特にハチミツやオリゴ糖には腸内環境を整える効果があるのでさらに便秘解消効果がアップします。

きな粉だけでなく、すりごまを入れると栄養価がアップするので、好き嫌いの激しいお子様にもおすすめです。