妊娠中の便秘に即効性のある解消法とは?

contrex

妊娠するとホルモンバランスの変化や、子宮が膨らむことで便秘を引き起こしやすくなります。

妊娠中の便秘に悩まされる女性は全体の約7割とも言われ、ほとんどの方が便秘になってしまうんですね。

便秘になるとお腹が重たくしんどいだけでなく、体重増加や肌荒れ、浮腫みなどを引き起こしてしまいますし、痔の原因にもなるのでできるだけ早く解消したいですよね。

そこで、妊娠中の便秘に即効性のある解消法で、胎児に悪影響がないものをいくつかご紹介したいと思います。

マグネシウム系の便秘薬

便の水分量を上げて柔らかくし、便を出しやすくするタイプの便秘薬です。

体に吸収されるわけではないのでお腹の赤ちゃんにも影響ありませんし、便を柔らかくすることで痔の予防にもなります。

妊娠中の便秘薬といえばコレ!というくらい一般的な便秘薬なので、安心して使うことができます。

ただ難点としては、すでに詰まって硬くなっている便には効かず、これから作られる便を柔らかくする、というものなので、肛門付近で硬くなっている便を出さない限り、なかなか効果が見られないこともあります。

便秘がひどくなってから飲む、というより、できるだけ早めに飲み始めることで便秘を解消できます。

錠剤ではなく、コントレックスなどの硬水にもマグネシウムが豊富に含まれているので、普段飲む水を硬水にするのもオススメです。

オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルは硬くなった便の滑りをよくして出しやすくする効果もありますし、赤ちゃんへの悪影響ももちろんないので安心です。

地中海地域では便秘になるとオリーブオイルを多めに摂る、という風習があるくらい便秘によく効きます。

そのまま飲んでもいいですし、お料理に入れても効果があります。

上体ひねり

腰ひねり

妊娠中の便秘は、ホルモンバランスの影響で腸の動きが鈍ることも原因の1つにあります。
マグネシウムやオリーブオイルで便を柔らかくしたり滑りをよくしても、腸の動きが鈍いと上手く押し出せません

しかし、腸の動きを無理矢理活発にするようなタイプの便秘薬やお茶は、子宮の収縮を促してしまう危険があります。

そこでオススメなのが、上体ひねりです。
肩幅に足を開いて立ち、下半身は固定したままで上半身を左右にひねるだけの簡単な運動ですが、腸へ直接刺激がいくので、腸の動きを活発にして便秘を解消する効果があります。

あまり無理にひねりすぎると子宮に負担がかかるので、ゆっくり気持ちいい程度のところまでにしておきましょう。

ウォーキング

ウォーキング

ウォーキングも上体ひねりと同様、腸にほどよい刺激を与え、便秘を解消する効果があります

妊娠中は運動不足になりやすいですし、体重が増えすぎないように適度に運動もしたほうがいいので、ウォーキングはおすすめです。

歩きやすい靴を履いて、肘を90度に曲げて後ろにしっかり振るようにすると、お腹周りの筋肉を上手く使えるので、肘は後ろにしっかり振りましょう。