妊娠初期の便秘の原因と治し方

妊娠初期

妊娠すると体はすごく変化し始めるので、戸惑うこともたくさんありますよね。
便秘もその1つです。

それまで便秘と無縁だったのに急に便秘になったり、もともと便秘しやすい体質だったけど、さらにひどくなったり。
そんな妊娠初期の便秘の原因と治し方をご紹介したいと思います。

妊娠初期の便秘の原因

妊娠初期に起きる便秘は大きく分けて4つの原因があります。

原因1.ホルモンバランスの変化

妊娠をすると黄体ホルモンというホルモンの分泌量がグッと増えます。

このホルモンは妊娠には欠かせないホルモンで、子宮の動きを弱めて流産を防いだり、体の水分量を上げて衝撃に強い体にしたり、栄養素を吸収しやすくしたりします。
生理前にも分泌量が多くなるホルモンで、生理前に浮腫んだり便秘になるのもこのホルモンの影響です。

子宮の動きを弱めることで、周りの臓器、特に腸の動きも一緒に弱めてしまうので、どうしても便秘を引き起こしやすくなります。
また、体の水分量を上げることで、便の水分量が減ってしまい、詰まりやすくなるのも便秘になる原因です。

生理前に便秘になりやすい方は妊娠するとさらに便秘に悩む方が多いですが、黄体ホルモンの分泌量は妊娠してない時と比べてかなり増えるので、生理前は何ともない方でも妊娠すると便秘になることも多いです。

原因2.悪阻による食欲不振

妊娠初期は悪阻の症状が出やすく、食生活が変わりやすいです。

悪阻にも2種類あり、吐き気が続いてごはんが食べられなくなるタイプと、空腹になると吐き気を感じるタイプがあります

。前者の場合、食べられるものが限られて、栄養が偏りやすい上、食べる量が減って便の材料が足りなくなってしまうので、便秘を引き起こしてしまいます。
後者の場合、通常より食べる回数が増えてしまうので、消化吸収で体が手一杯になってしまい、排出まで手が回らなくなり、便秘になります。

原因3.ストレス

妊娠して体が色々変化すると、思ったように動けなかったり、悪阻でしんどかったりしてストレスが溜まりやすくなります。
お仕事をされてる場合、安定期に入るまではなかなか周りの人にも言えず、体調がよくない中での仕事はとても辛いですよね。

それがストレスとなり、自律神経のバランスが乱れて便秘を招いてしまいます。

原因4.運動不足

妊娠すると眠かったりダルさを感じる事が多いので、寝て過ごす時間も増え、その分運動不足になりやすいです。
お腹の赤ちゃんを第一に考えると、運動は控えておきたい、というのもありますよね。

しかし運動不足になると腸のぜん動運動も弱まりますし、血行が悪くなり内臓全体の働きも弱くなりがちです。

妊娠初期の便秘を治す方法

妊娠初期の便秘を直すには、食事と軽い運動がオススメです。
ホルモンバランスの変化は変えられないので、ある程度は仕方がない、と割り切り、食事と軽い運動で便秘を解消していきましょう。

妊娠初期の便秘解消にオススメな食事

妊娠初期は、水分が体や子宮に回され、その分便の水分量が減ってしまい詰まりやすくなるので、水分補給はしっかりしましょう
冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまい、内臓の働きをわるくしてしまうので、常温か温かい飲み物がオススメです。

可能であれば、お水は硬水がオススメです。

contrex

硬水はマグネシウムの含有量が多く、マグネシウムには便の水分量を上げて柔らかくする効果があります。
1日コップ2杯程度を目安に、硬水も取り入れてみましょう。

食事は、悪阻がひどくなければ食物繊維乳酸菌の多いものを積極的に摂りましょう。
悪阻がひどい場合、もオススメです。
フルーツの香りと味です飲みやすい上、便秘解消に必要な食物繊維やビタミンも摂れるので、水分補給も兼ねて飲んでみましょう。

また、乳酸菌やオリゴ糖のサプリメントなどに頼るのもオススメです。
料理をしたり献立を考えるのが楽しければいいですが、眠さやダルさでそこまで手が回らない、という場合はサプリメントに頼ってしまいましょう。

軽いウォーキングやストレッチなども、妊娠初期の便秘解消には効果があります。
激しい運動や、お腹を捻る運動は避けたいですが、コンビニまでお散歩がてら歩いたり、お風呂上がりにストレッチをするのは、血行をよくして内臓の働きを高めてくれます。
もともと趣味で運動をしている方は、体調を見つつ医師に相談し、適度に続けるのもいいですね。

妊娠初期はとにかく体の変化が大きく、気持ちも滅入ってしまう事が多いですが、安定期に入ると便秘が解消される方もいます。できるだけストレスを溜めないように便秘解消していきたいですね。