妊婦さんでも安心の便秘薬、危ない便秘薬はどれ?

薬

妊娠中の便秘に悩まされる方は約7割と言われるほど、妊娠中はは便秘になりやすいものです。

それは黄体ホルモンというホルモンの影響で、子宮の動きを弱める時に腸など周りの臓器の動きも弱めてしまうことや、妊娠後期であれば大きくなってきたお腹が腸を圧迫して便の通りを悪くしてしまうことが大きな原因です。

それだけでなく、悪阻による食生活の変化、運動量の低下なども便秘を引き起こす原因になってしまいます。

一時的な事とは分かっていてもなんとかしたい、そんなときに頼りになるのが便秘薬ですよね。

ただ、妊娠中はお腹の赤ちゃんに影響が出ないよう、便秘薬もきちんと選ぶ必要があります。

そこで、妊婦さんでも安心のして飲める便秘薬と、控えておきたい便秘薬をそれぞれご紹介したいと思います。

妊婦さんでも安心して飲める便秘薬

妊婦さんでも安心して飲める便秘薬は、大きく分けて2種類あります。

マグネシウム系の便秘薬

酸化マグネシウムを主成分とする便秘薬で、古くから妊婦さんの便秘解消に使われていた成分なので安心して使えます。

酸化マグネシウムは腸内で水分とくっつくため、便の水分量が増えて柔らかくなり、便秘を解消する効果があります。

体内に吸収されるわけではないので、お腹の赤ちゃんにも影響がなく、産婦人科でも大体このマグネシウム系の便秘薬が処方されます。

酸化マグネシウムは便秘を解消するだけでなく、胃の粘膜を保護する効果もあるので胃の調子が良くない方にもおすすめです。

市販薬だと

3Aマグネシア、ミルマグ、スラーリア

などがあります。

ラキソベロン系の便秘薬

ラキソベロンは、ピコスルファートナトリウムという成分が主成分の便秘薬です。

ピコスルファートナトリウムは腸内だけで作用し、腸のぜん動運動を緩やかに刺激してくれるので、生理前の便秘や妊娠中の便秘にとても効果があります。

液体タイプもあるので量を調整しやすいというメリットもありますが、飲みすぎて下痢になると子宮を収縮させてしまうので、用法用量をしっかり守って飲みましょう。

市販薬だと

コーラックソフト、ビューラック、ビオフェルミン便秘薬、ピコラックス

などがあります。

妊婦さんにはオススメできない便秘薬

妊婦さんにオススメできない便秘薬は、『刺激性下剤』と呼ばれる、無理矢理腸を動かすタイプの便秘薬です。
こういった便秘薬(下剤)は、子宮の収縮を促してしまう可能性がありますし、次第に体が慣れてしまい量を増やさないと効かなくなってしまいます。

出産までまだ何ヶ月もある場合は、どんどん量を増やさないと効かなくなってしまいますし、子宮にもよくないので控えておきましょう。

成分で言うとセンナやアロエ、ダイオウ、ビサコジルなどがあります。

市販薬だと、

コーラック、スルーラック、ルーメア

などがあります。
また、センナを配合したお茶なども控えておきましょう。

妊婦さんの便秘解消は乳酸菌やオリゴ糖

妊婦さんの便秘解消には便秘薬もいいですが、自然なお通じを目指すのであれば乳酸菌オリゴ糖もオススメです。

乳酸菌やオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれますが、善玉菌が増えることで腸のぜん動運動を促す効果があります。
腸のぜん動運動を促しつつ、便が固くて出にくい、という時にマグネシウム系の便秘薬を使うのもいいですね。

また、腸内環境が整うことで免疫力がアップするので、風邪薬などの薬も控えたい妊婦さんにとっては嬉しいですよね。

しつこい便秘で悩んでいる方は、乳酸菌やオリゴ糖の摂取も意識してみてはどうでしょうか。