妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因とは?

便秘下痢

妊娠中はホルモンバランスが変化したり、カラダもどんどん変化していくので色々な不安がありますよね。

便秘や下痢もそのうちの1つです。

便秘は割と色々なサイトや雑誌に書いてあるので焦らない、という方が多いですが、下痢はあまり有名ではないですし、子宮か収縮したりお腹の赤ちゃんに悪影響がないか心配になり、病院に駆け込む方も多いんです。

しかし、妊娠中は以外にも下痢になる方が多く、特に便秘と下痢を繰り返す方が多いんです。

そこで、妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因や対処法などご紹介したいと思います。

妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因

妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因大きく分けて2つあります。

原因1.自律神経の乱れ

妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変化するため、自律神経も乱れやすくなります。
自律神経が乱れると、腸の動きが鈍くなったり、逆に腸が痙攣したように動いたりするので、便秘や下痢を繰り返してしまいます。

また、妊娠すると体調が変わったり精神的にも心配事が増えやすくなるので、その影響でも自律神経が乱れ、便秘と下痢を繰り返すことになります。

原因2.便秘による排泄機能の異常

妊娠すると黄体ホルモンというホルモンの分泌量が増えますが、この黄体ホルモンは子宮の動きを抑える作用があります。
その作用の影響で、腸の動きも抑えられてしまうので、便秘になりやすくなります。

便秘が長く続くと、体はなんとか溜まった便を出そうと、下痢を引き起こすことがあります。

妊娠後期になるとお腹が大きくなり、胃や腸を圧迫することでも便秘になりやすくなりますが、その便秘もしばらく続くと下痢を引き起こすことがあります。

妊娠中の下痢は赤ちゃん影響ない?

心配なのは、下痢の時に子宮の収縮も促してしまい、早産や流産の危険がないかということですよね。

上記の理由で下痢になっている時は、特に赤ちゃんに影響ありません。
溜まっていた便が出たり、数日すれば下痢も治まります。

ただ、心配なのは、ウイルス性の下痢です。
妊娠中は免疫力が低下するので、食中毒などにかかりやすくなります。

腹痛ではなく、冷や汗をかくほどの痛みに変化したり、何日も下痢が収まらなかったり、嘔吐も伴う場合は病院を受診しましょう。

妊娠中の便秘と下痢を解消するには

妊娠中の便秘と下痢は、先ほども述べた通りホルモンバランスの影響もあるので、ある程度は仕方がないと割り切ることも大切です。
あまり神経質になってしまうと、ストレスになり、さらに自律神経の乱れを悪化させてしまいます。

ただ、できれば便秘も下痢も解消したいですよね。

便秘と下痢を解消するには、腸内環境を整えることが1番の近道です。

便秘や下痢を繰り返していると、腸内環境がどんどん悪化し、さらに便秘を招いてしまいます。
腸内環境を改善することで、免疫力もアップして食中毒にかかるリスクも下げられますし、自律神経が整いやすくなるので便秘にも下痢にも効果があります。

腸内環境を改善するには

腸内環境を改善するには、善玉菌を増やす乳酸菌や、善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂るのがオススメです。

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品にも含まれていますが、オススメはお漬物や味噌、納豆などの植物性の発酵食品です。
一般的に、乳製品は動物性の乳酸菌で、胃酸や熱に弱く生きて腸まで届かないと言われています。

最近では植物性の乳酸菌が入ったヨーグルトなどもありますが、生きて腸まで届く植物性乳酸菌がたっぷりのお漬物やキムチは栄養価も高く野菜も食べられるのでオススメです。

お漬物、納豆、お味噌汁、醤油、キムチなど、どれか1つでも食卓に並べるようにすると、かなり腸内環境が改善されます。

悪阻などで食べられるものに制限がある方は、サプリメントもあるので上手く活用してみましょう。