妊娠中はいきんでも大丈夫?上手にいきむコツは?

いきむ

妊娠をすると7割の方が便秘になると言われています。

それはホルモンバランスの変化であったり、食生活の変化、大きくなった子宮が腸を圧迫するから、など理由は色々ありますが、便秘になればなるほど、トイレでいきむのがこわくなりませんか。

あまりいきんでしまうと、お腹の赤ちゃんによくない影響があるのではないか、
子宮口が開いたり、早流産などのリスクがあるのではないか、
など心配になり、うまくいきめずさらに便秘が悪化してしまう…という方も多いようです。

そこで、妊娠中のいきみについて、色々ご紹介したいと思います。

妊娠中はいきんでも大丈夫?

妊娠中でも、トイレで普通にいきむのは、特に問題ありません
少し強めにいきんだくらいでは、お腹の赤ちゃんにも影響ありませんので、便意があれば普通にいきみましょう。

しかし、長時間トイレにこもらないと出せないほどの時は、やめておきましょう。
あまりに強くいきむことで、血圧が急上昇したり子宮口が開いてしまう可能性があります。
あくまで自然にいきんだら出せそう、という時にしておき、強くいきんでも排便が難しそうな場合は無理しないようにしましょう。

強くいきまないと出ない時は便が硬くなっているので、便の水分量を上げるマグネシウム水溶性食物繊維を摂るようにするといいでしょう。

いきむ時のコツ

それでも、少し頑張れば出せそう、という時は出してしまったほうが体もラクですし、次の排便もしやすくなるので出してしまいたいですよね。
そんな時は下記のコツを参考にしてみてください。このコツを覚えておくと、子宮や血圧にあまり負担をかけずいきみやすくなります。

息は止めず、吐きながら

いきむ時に息を止めてしまうと、血圧を急上昇させてしまいます。
リラックスして息を吐きながらいきむことで、お腹への負担も減らせます。

かかとを上げる

かかとを上げることでお腹の下のほうに力を入れやすくなります。
あまり長時間やると足が疲れたり、つったりするので、いきむタイミングでかかとを上げましょう。

前かがみになる

上半身を前に倒して前かがみになることで、腹筋に力を入れやすくなります。
お腹が大きくなってくるとちょっと難しいですが、それまでは前かがみになるといいですよ。

和式のお手洗いがあるときは、和式もオススメです。

便を詰まらせないために

強くいきまないと出せない時は、便の水分量が落ちて硬くなっています。

便の水分量を上げて柔らかくするには、マグネシウムや水溶性食物繊維がオススメです。

マグネシウムはコントレックスなどの硬水にもたくさん含まれていますし、薬局で錠剤で購入することもできます。
錠剤は手軽に飲めますし、マグネシウムであればくせになったり耐性ができることもないので妊婦さんでも安心して使えます。

水溶性の食物繊維はメカブやワカメ、オクラなどネバネバしたものや、ゴボウ、こんにゃく、リンゴなどに多く含まれています。
悪阻がひどくなく、色々食べられる方は食物繊維と水分をしっかり摂るようにしましょう。