妊婦さんの便秘の原因と治し方

妊婦

妊娠してから便秘になってしまった…

そんな妊娠中の便秘にお悩みではないですか。
実は妊娠中の便秘に悩む女性の方は7割以上とも言われ、ほとんどの方が便秘に悩まされているんです。

デリケートな時期なので、薬やお茶など飲むのは不安…運動も控えたい…今はお腹の中の赤ちゃんが1番大事。

そんな思いからつい後回しになってしまう便秘解消ですが、便秘がひどくなると最悪流産を引き起こしてしまうため、できるだけ自然に排便ができるようにしたいですよね。

また、お腹の中の赤ちゃんが1番ですが、女性である以上、便秘による体重増加や肌荒れ、浮腫みなどはできるだけ解消したいですよね。

そこで、妊娠中に便秘になる原因とオススメの解消法などご紹介したいと思います。

妊娠中に便秘になる理由

妊娠中に便秘になる理由は、大きく分けて3つあります。

理由1.ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠をすると、黄体ホルモンというホルモンの分泌量がどっと増えます。
黄体ホルモンは生理前にも分泌量が多くなるホルモンで、受精卵がしっかり着床できるよう体内の水分量を上げて子宮を柔らかくしたり、子宮の収縮を抑えて流産しないように働きかける作用などがあります。

この時、子宮の収縮を抑えるだけでなく、腸など周りの臓器の動きも鈍くしてしまうため、便秘になりやすくなります。

また、体内に水分がもっていかれるため、便の水分量が減り、便が硬くなって詰まりやすくなるという事も、便秘になりやすい理由です。

生理前に便秘になりやすい、という方は、この黄体ホルモンの影響で便秘になりやすい体質なので、妊娠してからも便秘になりやすいと言えます。

妊娠すると、生理前とは比べものにならないほど黄体ホルモンが増えるので、生理前は何ともない、という方でも妊娠すると便秘に悩まされることもあります。

原因2.子宮が腸を圧迫

赤ちゃんが大きくなり子宮が膨らんでくると、どうしても周りの臓器を圧迫してしまいます。

特に腸は子宮に近いので、圧迫されることで便の通りが悪くなり、便秘を引き起こしてしまいます。

原因3.食生活の変化

妊娠すると、ホルモンバランスの変化などにより、食の好みがガラッと変わったり、悪阻がひどく全然食べられなくなったりします。

健康的なものが食べたくなったり、悪阻も軽ければいいですが、急にお肉やファストフードが食べたくなる方も多いです。
それまで甘いものが嫌いだったのに、急に大量に食べたくなる、という方もいますよね。

ストレスを溜め込むのはよくないので、適度に食べるのは問題ありませんが、急に食生活が変わると体が慣れず便秘になることがあります。
また、悪阻で量が食べられない場合、便の材料が足りず便秘を引き起こしてしまうこともあります。

妊娠中の便秘を治す方法

そんな妊娠中の便秘を治すには、食生活の見直しと軽い運動が最も効果的です。
というのも、黄体ホルモンの分泌量を減らすことはできませんし、子宮の膨らみも止めることはできません。
それはある程度仕方がないものとし、食生活を見直し軽い運動を取り入れることで、お通じをよくしていきましょう。

水分補給はしっかり

sayu

先ほども述べましたが、妊娠すると黄体ホルモンの影響で特に子宮周りの水分量を上げるため、便の水分量が減って便が硬くなる傾向にあります。
そのため、水分補給はいつもよりしっかり行い、便を柔らかくするように心がけましょう。

冷たい飲み物はお腹を冷やして代謝をわるくしてしまうので、温かいスープやハーブティー、ノンカフェインのお茶などがオススメです。
寒い時期であれば、血行をよくする効果のあるショウガを入れたジンジャーティーなんかもいいですね。

お水は可能であれば硬水がオススメです。
硬水は便を柔らかくする効果のあるマグネシウムが豊富で、便秘解消効果があります。

毎日コップ2杯程度でも効果が得られやすいので、朝起きた時と寝る前に飲みましょう。

食物繊維はしっかり

便秘解消には欠かせない食物繊維ですが、妊娠中はさらに積極的に摂りましょう。
特に、水溶性の食物繊維は便の水分量を上げて便を柔らかくする効果があるので、しっかり摂りましょう

水溶性食物繊維の多い食材は、ワカメやメカブなどの海藻類、きのこ類、こんにゃく、アボカド、ごぼう、オクラ、納豆などがあります。

悪阻でしんどい時は、ワカメやめかぶ、オクラなどを使ってさっぱりした酢の物などにするといいかもしれませんね。

乳酸菌やオリゴ糖で善玉菌を増やす

腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善すると、腸の動きが活発になり便秘が解消されやすくなります。
腸内の善玉菌を増やすには、乳酸菌や善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂るのが効果的です。

乳酸菌はヨーグルトだけでなく、お漬物やキムチ、納豆、味噌などの発酵食品にも含まれています。
オリゴ糖はバナナやハチミツ、リンゴ、味噌、玉ねぎ、ごぼうなどがあります。

味噌はオリゴ糖と乳酸菌どちらも含まれているので、積極的に摂りたいですね。
冷え性の方はショウガなどをたっぷり入れたお味噌汁もオススメです。

普段ヨーグルトを食べる方は、お砂糖ではなくバナナやハチミツで甘みを足すといいでしょう。

ストレッチをする

ストレッチをすることで、血行やリンパの流れが良くなり代謝が上がるので、内臓の動きが活発になり便秘が解消されます。
お風呂上りなど血行が良くなっている時に、気持ちいいと思うポーズをいくつかとり、5分程度ストレッチをしてみましょう。

ただ、お腹をキツく捻るような動きや、お腹に強い圧がかかるようなポーズは赤ちゃんいよくないので、足を広げたり肩を回すようなあまりお腹を動かさないポーズがおすすめです。

軽いウォーキングをする

walk

ウォーキングも血行をよくし、内臓の動きをよくする効果があるので便秘に効きます。
走ったり何時間も歩く必要はないので、まずは20分程度、少し汗ばむくらいから始めましょう。

妊娠中はホルモンバランスの影響によって浮腫みが生じやすいですが、ウォーキングなら下半身の血行やリンパの流れをよくする効果もあるので、むくみ解消にも役立ちます。

どれも無理をせず、心地いい程度に

妊娠中は体の変化に色々不安になることも多いですが、1番はあまり気にせずリラックスして過ごすことが便秘解消に繋がります。
ストレスが溜まったり不安な気持ちでいると、自律神経が乱れて便秘を引き起こしたり、睡眠に影響が出たりします。

食事も、これを食べなきゃ!というよりは、食べたほうがお通じが良くなるし、体が軽くなるから、というくらいの軽い気持ちで取り入れてみましょう。
妊娠するとどうしてもホルモンバランスの影響やお腹の膨らみによって便秘になりやすくなります。
ある程度の便秘であれば、出産したらまた元に戻るんだし、という気持ちで、あまり気負わずに試してみましょう。

記事一覧

マグネシウム

マグネシウムが効かない!妊娠中の便秘にマグネシウムが効かない時の対処法

妊娠中の便秘解消として、マグネシウムがよく使われます。 マグネシウムはクセになったり耐性ができてだんだん効かな...
便秘下痢

妊娠中に便秘と下痢を繰り返す原因とは?

妊娠中はホルモンバランスが変化したり、カラダもどんどん変化していくので色々な不安がありますよね。 便秘や下痢も...
contrex

妊娠中の便秘に即効性のある解消法とは?

妊娠するとホルモンバランスの変化や、子宮が膨らむことで便秘を引き起こしやすくなります。 妊娠中の便秘に悩まされ...
青汁

妊娠中の便秘に青汁は効く?選び方は?

妊娠中の便秘解消に何をしたらいいのかお悩みではないですか。 妊娠中は便秘薬の種類によっては子宮の収縮を促して早...
ココア

妊娠中の便秘解消にココアは飲んで大丈夫?カフェインは?

妊娠中、体の変化やホルモンバランスでイライラしてしまった時、温かいココアなんかを飲みたくなりませんか。 ココア...
いきむ

妊娠中はいきんでも大丈夫?上手にいきむコツは?

妊娠をすると7割の方が便秘になると言われています。 それはホルモンバランスの変化であったり、食生活の変化、大き...
妊娠初期

妊娠初期の便秘の原因と治し方

妊娠すると体はすごく変化し始めるので、戸惑うこともたくさんありますよね。 便秘もその1つです。 それまで便秘と...
薬

妊婦さんでも安心の便秘薬、危ない便秘薬はどれ?

妊娠中の便秘に悩まされる方は約7割と言われるほど、妊娠中はは便秘になりやすいものです。 それは黄体ホルモンとい...
food

妊婦さんの便秘解消におすすめな食べ物

妊娠中はホルモンバランスの変化で便秘が起こりやすくなります。 しかし、お腹の赤ちゃんのことを考えると、薬ではな...
産後

産後の便秘の原因とおすすめの解消法

妊娠すると身体の変化は色々と起こりますが、中でも便秘に悩む女性はとても多いんです。 妊娠後期になると大きくなっ...