ツライ生理前の便秘の原因と治す方法

生理前

いつもは快便なのに、生理前になると便秘になってしまう…
普段から便秘気味だけど、生理前になると悪化してしまう…

そんな生理前の便秘に悩まされる女性はとても多いです。

この生理前のツライ症状はPMSとも呼ばれますが、毎月訪れる便秘にどんどん憂鬱な気持ちになったりしますよね。
そこで、生理前のツライ便秘が起きてしまう原因と、おすすめの解消法をご紹介したいと思います。

生理前の便秘が起きる理由

生理前に便秘が起きてしまうのは、ホルモンバランスによる影響です。

生理前、正確に言うと排卵をしてから、黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンの分泌が増え始めます。
この黄体ホルモンは、体が妊娠しやすいように、体に水分を溜めて衝撃に強くしたり、子宮の動きを抑えて受精卵が着床しやすいようにする作用があります。

この黄体ホルモンの分泌量が増えることで便秘が起きてしまいます。

便の水分が減る

生理前になると浮腫みやすくなる、というのを経験したことはありませんか。
生理前になると受精卵が着床しやすく衝撃から守れるようにと、特に子宮の水分量を増やして柔らかくします。

そのため体に水分が持っていかれ、その分便の水分量が減って硬くなり、詰まりやすくなります。

腸の動きが鈍くなる

生理前になると、受精卵が着床しやすいように子宮の動きが抑えられます。
その時に周りの臓器も一緒に動きが鈍くなるため、腸の動きも鈍くなり便秘を引き起こしてしまいます。

食生活の変化

生理前になると食欲が増したりしませんか。
イライラしたり気持ちが不安定にもなりやすいので、それを解消しようと甘いものを食べたりジャンクフードを食べたりしてしまいます。

食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、胃腸の動きが弱くなってしまうため、便秘を引き起こしやすくなります。
また、甘いもの物やジャンクフードは、ビタミンや食物繊維が少なくお腹に詰まりやすいものなので、便秘になってしまいます。

生理前の便秘を解消するには

生理前の便秘は、黄体ホルモンというホルモンによって引き起こされますが、この黄体ホルモン自体は妊娠には不可欠ですし無くすことはできません。
ただ、卵巣ホルモンというホルモンの分泌を促すことで、相対的に黄体ホルモンの働きを抑えることができます。

卵巣ホルモンはいわゆる女性ホルモンと呼ばれるホルモンです。
この女性ホルモンを増やすには、大豆イソフラボンがオススメです。

大豆イソフラボンを摂ると体内で卵巣ホルモンと同じような働きをするため、卵巣ホルモンの分泌量を増やして黄体ホルモンの働きを抑えることができます。

大豆イソフラボンは豆乳豆腐納豆などの大豆製品に含まれていて、大豆には腸内環境を整えるオリゴ糖ま多く含まれているので、生理前の便秘ととても相性がいいんです。

生理前はイライラしやすい、気持ちが不安定になりやすい、という方は温かいソイココアもオススメです。
ココアには血行をよくしてカラダを温める作用もありますし、食物繊維も豊富なので便秘解消効果があります。

甘みはオリゴ糖やハチミツを使うとより便秘に効きます。

また、生理前だけでなく普段から便秘しやすい、という方は食生活や生活習慣を少し見直してみるといいでしょう。
食物繊維が不足している方は、普段の白米を玄米や雑穀米に変えるだけでもかなり食物繊維を補えますし、腸内環境が良くなく、便秘だけでなくオナラのニオイなんかも気になっている方は、乳酸菌オリゴ糖で腸内環境を整えていくと便秘が解消されやすいです。

乳酸菌はヨーグルトやチーズなどに多く含まれていますが、乳製品が体質に合わない方はお漬け物やキムチ、お味噌などにも多く含まれるので、普段の食生活にプラスしてみてはいかがでしょうか。

なかなか食生活が変えられない方は、サプリメントなどもあるので上手く活用してみましょう。