女性が更年期に便秘になる原因と解消法

更年期

歳を重ねると、腸内環境が悪化しやすくなるので、便秘に悩む方は増えます。

しかし女性の場合、歳だけでなく更年期のタイミングで便秘になる方も多いんです。

ホルモンバランスが変化することで体調も変化するため、人によっては日常生活に支障を来すほど体調が悪化する方もいます。

そこで、更年期に出やすい症状や、便秘との関連性、更年期の便秘の治し方などご紹介していきたいと思います。

更年期とは?

そもそも更年期とは、閉経の前後10年くらいの期間を指します。
多くの女性は40歳を超えた頃から卵巣機能が衰えはじめ、50歳頃に閉経します。

そのため、更年期とは45歳〜55歳くらいのことを指しますが、人によっては40歳頃から症状が出始めたり、最近では自律神経のバランスが崩れて30代から症状が出る方もいます。

更年期になると卵巣の働きが低下していきますが、なんとか働かせようと脳の下垂体から性腺刺激ホルモンが大量に分泌されます。
性腺刺激ホルモンが大量に分泌されることで、脳が興奮状態になるので、自律神経が乱れて様々な不調が出てしまうんです。

主な不調としては、
便秘、下痢、ほてり、手足の冷え、発汗異常、動悸、めまい、不眠、イライラ、肩こり、腰痛などが挙げられます。

更年期に便秘になる理由

更年期になり性腺刺激ホルモンが大量に分泌されると、脳が興奮して自律神経は交感神経が過剰に優位になってしまいます。

交感神経は、体を戦闘モードにしますが、腸は逆に動きが鈍くなってしまうため、便秘を引き起こしやすくなってしまいます。

また、更年期障害がひどいと、食事もまともにとれず寝込む時間が多くなる場合もあります。
そうなると、便秘解消に必要な食物繊維や乳酸菌が十分に摂れなくなるため、便が詰まりやすくなります。

寝込む時間が長くなると、運動量が減り筋肉が減ってしまうので、腸のぜん動運動を低下させてしまったり、いきむ力が足りず便を上手く出せなくなるのも、便秘になる原因の1つです。

更年期の便秘解消法

更年期の便秘を解消するには、まずは更年期障害の症状を抑える薬を試してみましょう。
病院に行けば処方してもらえますし、便秘の事も相談すると便秘薬を処方してもらえます。

市販の便秘薬は、腸のぜん動運動を無理矢理起こして排便を促すものが多いですが、このタイプの便秘薬は次第に耐性ができて効果がなくなり、どんどん量を増やさなければいけない上に、腸が自力で動けなくなってしまうのでオススメできません。
更年期が終わった後も便秘薬が手放せなくなりますしね。

市販のものでも、マグネシウム系の便秘薬は便を柔らかくして出しやすくし、耐性がつくこともないのでオススメです。

また、更年期障害の症状としてではなく、年齢を重ねると腸内環境が悪くなり便秘をしやすくなります。

そのため、腸の善玉菌を増やす乳酸菌やオリゴ糖を積極的に摂るのがオススメです。
便秘しやすいだけでなく、オナラが臭う方は腸内環境が悪化している証拠です。

ヨーグルトやお漬け物、キムチなどの発酵食品で乳酸菌をしっかり摂り、腸内環境を整えていきましょう。

その他、水分や食物繊維をしっかり摂ることも大切です。
水分が不足すると便が硬くなって詰まりやすくなりますし、食物繊維は便のカサを増やして腸を刺激し、ぜん動運動を促す効果があります。

手足の冷えが気になる方は、白湯や温かいハーブティーなどを飲み、水分補給しつつ体を温めましょう。