内臓冷えで便秘に!女性に多い内臓冷えとは

冷え

女性が便秘しやすい原因の1つに、冷えがあります。

手先や足先がとにかく冷たく、寝付きが悪くなる末端冷え性や、カラダの中から冷えて内臓の動きが低下する内臓冷え性がありますが、今この内臓冷え性になる方が増えているんです。

手足が冷たいからと言って内臓も冷えているわけではなく、手足は温かいのに内臓が冷えているという場合もあります。

内臓冷え性とは?

内臓冷え性とは、言葉のとおり内臓が冷えていることを指します。
内臓が冷えると、内臓の動きが悪くなり、消化不良を起こしたり、便秘下痢を引き起こしたり、疲れやすかったり、免疫力が低下して風邪を引きやすかったりします。

手足の冷えとはあまり関係がなく、手足が暖かくても内臓は冷えているということもあり得ます。

見分け方は、お腹を触ってみたときにお腹が冷たく感じるかどうかです。
また、体温が低い、疲れやすい、厚着をしたり着込んでもカラダの中から冷えている感じがする、というのもない冷え性の特徴です。

内臓冷え性は女性に多い

内臓冷え性で悩む女性は年々増えています。
女性はもともと筋肉が少なく、熱を生む力が男性より弱いので、内臓だけでなくカラダが冷えやすいんです。

それに加えて、クーラーのあたりすぎ運動不足ダイエットも内臓冷え性を引き起こす原因となります。
特にダイエットで冷たいサラダやスムージー、果物ばかり食べていたり、カロリーの低いものばかり食べていると、熱を作り出せず内臓が冷えてしまいます。

内臓冷え性を解消するには

内臓冷え性を解消する方法はいくつかあります。

温かいものを食べる&飲む

内臓を直接温めるには、温かい飲み物や食べ物が効果的です。
朝起きたら冷たい水を飲む、という方や、朝は冷たいスムージーという方は、温かい白湯ホットスムージースープなどにしてみてはいかがでしょうか。

また、ダイエットや美容を気にしてサラダをたくさん食べる女性は多いですが、生野菜ばかりではなく温野菜にして食べてみましょう。
昼間ペットボトルのお水やお茶を飲む方も、できるだけ常温のものにしたり、コップに入れてチンして温めたりして、内臓を温めるようにしましょう。

血行をよくするものを摂る

内臓の冷えだけでなく全身の血行をよくして冷えを取るには、血行をよくする作用のあるショウガココアシナモンが効きます。
全身の血行をよくすることで顔色がよくなったり、栄養が行き渡り痩せやすくなったりします。

ココアを飲む時は、甘みの添加されている調整ココアより、何も入っていない純ココアがオススメです。
便秘を解消するには甘みは砂糖ではなくオリゴ糖などが効くので、オリゴ糖を、使ってみましょう。

腹巻きやカイロで温める

冬だけでなく、夏でもクーラーの効き過ぎで寒かったりした場合、腹巻きやカイロで直お腹を温めるのもオススメです。

腸もみマッサージをする

腸を直接刺激してマッサージすることで、腸の動きが活発になり便秘が解消されやすくなりますし、お腹周りの血行もよくなり温まります。
お風呂上がりのカラダが温まっている時や、寝る前のリラックスしている時にするとより効果的です。
腸もみマッサージのやり方はこちら

とにかく体を冷やさない

今は夏でもクーラーがしっかり効いていて、年中カラダが冷えやすくなっています。
夏でもカーディガンなどの羽織物を持ち歩いたり、ミニスカートや首まわりや肩の空いた服をいつも着ていると体が冷えてしまいます。
ミニスカートを履くときは厚手のタイツを履いたり、ブーツやレッグウォーマーなどをして極力冷やさないようにしましょう。