運動不足になると便秘になる!解消法とは

ase

健康にいいと分かっていてもなかなか運動ができていない…
ダイエットのために運動しないと、とは思っているけど実行できていない…

そんな方は多いですよね。

しかし、運動不足は便秘の原因にもなってしまうんです。

便秘の1番の原因、とも呼ばれているほど運動不足は便秘に深く関係しています。

そこで、運動不足が便秘を引き起こす理由をご紹介したいと思います。

運動不足が便秘を引き起こす理由

理由1.いきめない

運動不足になると、筋力が低下します。
特にお腹まわりの筋肉が減ってしまうと、便意が起こってもいきむ力がなく、便を出せず便秘を引き起こしてしまいます。

これは、女性や入院して寝たきりの期間が長い方、妊婦さんなどによく見られますが、オフィスワークの方や特に運動をしていない学生さんにも多いんです。

特に女性は男性よりも筋肉がつきにくく、元の筋力も弱いため、運動不足によって便秘になりやすいと言えます。

理由2.腸のぜん動運動が弱まる

また、筋力が低下すると、腸のぜん動運動も弱まってしまいます。

そうすると便を外に押し出す力が弱くなってしまうので、便秘を引き起こしてしまいます。

理由3.内臓が下がる

筋肉が減ると、胃など他の臓器を支える力が弱くなり内臓が下に下がってきます。
そうすると腸を圧迫してしまい、物理的に腸が狭くなってしまい、便が通りづらくなり便秘を引き起こしてしまいます。

運動不足による便秘を解消するために

運動不足による便秘を解消するのは運動をするしかない、というのはもちろんですが、いきなり運動をするのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、姿勢を正すことです。

意外にも姿勢を正すことだけでインナーマッスルが鍛えられます。
また、内臓の位置が正しいところに戻るので、便秘が解消されやすくなります。

また、いつもならバスや自転車を使うところを歩いてみたり、1駅分歩いてみるのもおすすめです。

自宅でストレッチやヨガ、掃除の時に体を動かすのもすぐに始められるのでおすすめです。

運動をすることは便秘解消だけでなく美容や健康にもいいので、便秘に悩んでいる方は運動をすることを考えてみてはいかがでしょうか。