睡眠不足が便秘に繋がる?睡眠と便秘の関係

電気

睡眠不足になると、お肌によくなかったり体調が優れなかったり、何かと不調が出てきますよね。

実はお通じも睡眠に影響を受けるんです。

睡眠不足になると、便秘になりやすくなります。

そこで、睡眠不足になると便秘になる理由をご紹介したいと思います。

睡眠不足で便秘になる理由

睡眠不足にあんると、自律神経が乱れると聞いたことはありませんか。

自律神経は交感神経と副交感神経からできていて、交感神経が優位になると体が活動的になり、副交感神経が優位になると体がリラックス状態になります。
基本的には、朝は交感神経が優位になり、夜にかけて副交感神経が優位になり、リラックスして睡眠に入るというリズムが備わっています。

交感神経が優位の時に体が活動的になると言いましたが、胃腸だけは副交感神経が優位の時に活発になります
つまり夜寝ている時に一番活動的になり、食べたものを消化したり吸収したり、いらなくなったものを便にしているんです。

睡眠不足になると、この胃腸の働きが不十分になり、便がうまく作れないだけでなく、自律神経が乱れて過剰に交感神経が優位になってしまいます。
交感神経が過剰に優位になってしまうと、腸が痙攣しやすくなり、これも便秘を引き起こしてしまいます。

腸が痙攣するとぜん動運動が正常に行えないので、腸の中で便がコロコロと転がってウサギのフンのような便になってしまいます。

睡眠前の食事も便秘の原因に

睡眠中に腸のぜん動運動が活発になると言いましたが、実は副交感神経が優位になるだけでは不十分です。

睡眠中に腸のぜん動運動を促すのは『モチリン』という、十二指腸から出される消化ホルモンです。
このモチリンは、副交感神経が優位になってリラックスしているだけでなく、胃の中が空っぽになって6時間経っているということも条件なんです。

そのため、寝る前にご飯やお菓子を食べてしまうとそこから消化が行われ、胃の中が空っぽになるのはそこから3~4時間後、さらにモチリンが分泌されるのがその6時間後なのでかなり先になってしまいます。

そのため、寝る3時間前には夕食を済ましてしまわないと、モチリンが上手く分泌されず腸のぜん動運動を促すことができなくなってしまうんです。
夕食は早く済ましていても、小腹がすいてお菓子や夜食を食べてしまう、という方は、消化のいいホットミルクや具のないお味噌汁など液体のものにしておきましょう。