下剤乱用に注意!便秘だけでなく人工肛門などになる可能性も

下剤2

便秘を手軽に解消できるとして、下剤はとても人気があります。
しつこい便秘にも効きやすく、ドラッグストアなどでも手軽に購入できるため、常に常備している、という方も多いですよね。

しかし、下剤は手軽に便秘を解消できるメリットもありますが、一方で便秘を悪化させてしまうというデメリットも持ち合わせています。
そこで、下剤の注意点や危険性など少しご紹介したいと思います。

下剤に頼りすぎるのは注意!

下剤は便秘にとても効果があり、即効性もあることからとても人気があります。

しかし、下剤は便秘を根本的に解消しているわけではなく、大腸を強制的に動かすような成分でできています。

大腸というのはとても怠け者と言われていて、刺激が外からあると分かればすぐに自ら動くのを怠けてしまいます。
すると、さらに便秘が悪化し、下剤の飲む量を増やさないとだんだん効果が得られにくくなってしまうんです。

また、下剤自体にも耐性があるので、だんだん体が慣れてしまい、効果が薄くなる、というのもあります。

最初は1錠だったのに、2錠3錠と増え、しまいには1回で1シート飲んでいる、という事もあります。

そうなってしまうと自力では排便できなくなり、腸閉鎖を起こしてしまいます。
腸閉鎖になると、腸の血行が滞って細胞が壊死したり、食べたものが逆流して嘔吐するようになります。

また、腸の中が真っ暗になる大腸黒皮症(大腸メラノーシス)にもなってしまいます。

ダイエットのための下剤乱用

下剤を乱用する方の中には、便秘解消目的だけでなく、ダイエットのために使っているという方も少なくありません。

食べ過ぎた時は下剤で強制的に出せばカロリーの吸収を抑えられる気がして、何錠も飲んでしまう、という女性が多いんです。

体によくないと分かっていてもやめられない、飲まないと太る気がしてこわい、という方は、今一度下剤のコワさを確認し、できるだけ量を減らしていけるようにしましょう。

下剤乱用で起きること

下剤を飲んだことがある方は分かると思いますが、適量を飲んだからといって自然なお通じがあるわけではありません。
下痢に近い緩い便だったり、完全に下痢になったりします。

そういう時腸の中の水分を大量に流し出してしまうので、脱水症状となり、二日酔いのような症状が出ます。
倦怠感だるさ吐き気めまい。そのような症状が続きます。

そして、下痢になることでミネラルなども一緒に流れてしまうので、不整脈低血圧なども引き起こします。

それでも下剤を続けていると、腸の中が真っ黒になりを発症したり、自力では排便できなくなり人工肛門をつけなければならなくなります。

下剤乱用で動かなくなった腸は、100%元に戻ることはありません。戻ったとしても10%〜40%と言われています。
それも、1年以上続く電気治療を行ってもそこまでの回復しかできないので、お金も時間もかかる上、その後も下剤に頼って生きていかなければなりません。

そうなる前に、腸内環境を整えたり、腹筋をつけてできるだけ自力で排便ができるようにしていきましょう。