ジャンクフードやファストフードが便秘を引き起こす!

ジャンクフード

ハンバーガーやフライドポテト、ポテトチップスや唐揚げ、カップラーメン、どれも美味しくてついつい食べ過ぎてしまうことがありますよね。
また、手軽に食べられるので忙しいとついつい頼ってしまいますし、安く食べられるので、お昼はいつも会社でカップラーメン、という方も多いんです。

しかもこれらの脂肪分が多くて高カロリーな食べ物には、中毒性があることが分かっています。

たしかにポテトチップスやスナック菓子はついつい食べ過ぎてしまい、気がついたら一袋1人で食べていた、という事もよくありますし、ラーメンなんかは1度食べると何故か次の日も食べたくなったりします。

しかし、これらのジャンクフードやファストフードは、食べすぎると便秘を引き起こしてしまいます。

ジャンクフードやファストフードが便秘を引き起こす理由

ジャンクフードやファストフードは、脂肪分動物性のタンパク質が多いのが特徴です。
揚げ物だったり、お肉やパン、麺などカロリーも高いですよね。

これらの脂肪やタンパク質は消化に時間がかかります
そのため、適度に食べるのであれば腹持ちを良くし、ダイエットにも使えるのですが、脂肪分と動物性タンパク質に偏った食事だと、消化に時間がかかりすぎてしまい、便秘を引き起こしてしまいます。

また、野菜やキノコ類、海藻類などに多い食物繊維が不足します。ジャンクフードやファストフードで野菜たっぷりというのは滅多に見かけませんよね。

食物繊維が不足することで、腸の動きが鈍くなったり、便が硬くなるので便秘を引き起こしてしまいます。

さらに、ジャンクフードやファストフードではビタミンやミネラルがかなり不足します。
そうすると、食事で摂ったカロリーをエネルギーに上手く返還できずに太りやすくなったり、内臓の動きが鈍くなるので、腸の動きも鈍くなってしまいます。

ジャンクフードをやめるには

ジャンクフードの中毒から逃れてやめていくには、残念ながら食べる回数を減らすことしかありません。
ただ、食べる回数を減らせば減らすほど、だんだんほしくなくなってくるので、辛いのは最初だけです。

できるだけ野菜やお肉、魚などを買い、自分で調理するようにしたいですよね。

忙しくて中々調理できない、という方は、コンビニでは納豆やお漬物など、素材の原形があるものを選ぶようにしましょう。
パッと見て何が入っているか分からない加工食品は、体に良くないものがたくさん入っている可能性が高いので、できるだけ控え、どうしてもジャンクフードが食べたい時は、その前に野菜ジュースを飲んだり、サラダや温かいスープを飲むようにしましょう。