ウォシュレットで便秘が悪化!?使い方にご注意

ウォシュレット

今の日本では一般的になっているウォシュレット。
家庭のトイレにウォシュレットをつけている方も多いですし、デパートのお手洗いなんかでもほとんどついていますよね。

海外旅行用に携帯のウォシュレットを持っていく方も多いですよね。

そんなウォシュレットですが、実は便秘解消に効果があると言われています。

ウォシュレットを使うことで肛門を直接刺激し、それを利用して便を出すということです。

しかしこの方法を長期間使っていると、実は便秘を招いてしまうんです。

そこで、ウォシュレットと便秘の関係についてご紹介したいと思います。

たまにならOK?ウォシュレットで便秘を解消する方法

始めてウォシュレットを使った時、わりとしっかりした刺激がありびっくりしませんでしたか。
強弱も調整できますが、肛門に直接刺激がいくので、それを利用して排便を促すことができます。

注意点としては、あまり強くすると肛門を傷付けてしまい痔になる可能性があるということと、頻繁に使用すると、ウォシュレット依存症というウォシュレットがないと排便できない体質になってしまうということです。

ウォシュレット依存症になる人は今増えています。
便秘になると何とかして出したい…!という気持ちが強くなるので、ウォシュレットを使用する方が多いのですが、この方法は強制的に排便を促しているだけで根本的な便秘の解消にはなりません
下剤などと似ていますね。

また、だんだん体が慣れてしまい効果がなくなってくるというデメリットもあります。

どうしても…という時はいいかもしれませんが、日常的に使用したり頼りすぎるのはよくありませんね。

ウォシュレット依存症に注意して使用しましょう

ウォシュレットを使わないと排便できない、という状態になると、自力で排便ができなくなり、便秘がさらに悪化してしまいます

また、ウォシュレットが効かなくなり長時間水を当てると、肛門付近の腸の善玉菌を洗い流してしまう可能性があります。
不特定多数の人が使うトイレだと、水圧を上げることで水が飛び散りやすくなるので、便器内に付着した病原菌などが肛門から入り感染症を引き起こす可能性もあります。

ウォシュレットで便秘を解消することは決して悪いことではありませんが、使用しすぎには注意しましょう。