便秘薬酸化マグネシウムの便秘解消効果や副作用、飲み方

マグネシウム

便秘薬の中でも有名なのが、酸化マグネシウム系の便秘薬です。
効果は緩やかですが妊婦さんでも安心して使うことができるため、病院でもよく処方されます。

そんな酸化マグネシウム系の便秘薬の効果や副作用についてご紹介したいと思います。

酸化マグネシウムが便秘に効く理由

酸化マグネシウムは腸内の水分量を上げて便を柔らかくする効果があります。

便秘が長引くと、便の水分が腸に吸収されて便が硬く小さくなってしまいます。
そうすると、腸を刺激しにくくなるためぜん動運動も弱くなりますし、硬いと出にくくなってしまいます。

酸化マグネシウムと水分を一緒に摂ることで、便の水分量を上げて柔らかくするだけでなく、その分体積も増やして腸を刺激し、便を運びやすくする効果もあります。

マグネシウムにはほかに、胃の調子をよくする効果もあります。
胃潰瘍や胃が不調だと食べたものがうまく消化できなくなるので、腸でも吸収しづらくなり、腸内で腐敗して悪玉菌を増やしてしまったり、便秘につながってしまいます。

そういった胃の不調からくる便秘を防ぐ効果もありますし、純粋に胃の調子が悪い時にもおすすめです。

酸化マグネシウムの副作用

マグネシウム自体は毒性がなく、たくさん摂っても副作用は出ません
摂りすぎると便が下痢状になりやすいので、様子を見ながら飲む必要がありますが、腸を直接刺激するタイプの便秘薬ではないので、腹痛も起こりにくいです。

ただ、すでに長期間便秘が続いている場合、酸化マグネシウムが浸透しきらずなかなか便が柔らかくなないので、効果を実感するまで少し時間がかかることがあります

また、肝臓や心臓が弱い方、病気を抱えている方は高マグネシウム血症などを招く可能性があるので、一度医師に相談するようにしましょう。

飲み合わせの問題

マグネシウム自体は過剰摂取してもほとんど問題ありませんが、少し飲み合わせに注意したほうがいいものがあります。

カルシウム

カルシウムとマグネシウムを同時にたくさん摂ってしまうと、ミルク・アルカリ症候群を招き、高カルシウム血症、高窒素血症といった症状に見舞われる可能性があります。
食事で摂取する分には問題ありませんが、サプリメントや薬でたくさん飲む場合は時間をずらして飲みましょう。

一部の抗生物質

一部の抗生物質(キューキノロン系抗菌薬、テトラサイクリン系抗生物質、セフェム系抗生物質etc…)とマグネシウムを同時摂取することで、副作用は出ませんが、抗生物質の効果が半減してしまいます。

マグネシウムを飲む場合は医師に相談にするか、時間をずらして飲みましょう。

酸化マグネシウムの飲み方

飲み方としては、規定量を食前または食後に1日3回飲むか、就寝前にまとめて飲みましょう。
就寝前にまとめて飲む場合は翌日急に下す場合もあるので、最初は小分けにして飲むか、規定量よりも少ない量を飲んでみて様子を見るのがおすすめです。