スイマグの便秘解消効果、副作用、飲み方など

スイマグ

スイマグは液体状の便秘薬で、妊婦さんでも飲むことができるほど安全な便秘薬です。

口コミでも評価が高く、価格もお手頃なのでとてもおすすめな便秘薬です。

そんなスイマグの成分や便秘解消効果、副作用、飲み方などご紹介していきたいと思います。

スイマグの成分と便秘解消効果

スイマグの主成分は水酸化マグネシウムになります。

水酸化マグネシウムは腸内の水分量を増やす作用があり、硬くなった便を柔らかくして体積を増やすため、腸を刺激して排便を促す作用があります。

筋力低下や運動不足によって起きる弛緩性便秘や、便意を我慢してしまうことで起きる直腸性便秘に効果があります。

弛緩性便秘の原因と治し方はこちら
直腸性便秘の原因と治し方はこちら

また、スイマグには腸の中に溜まった宿便も一緒に流してくれる効果があります。
便秘薬の中で、宿便も出せると謳っている便秘薬はスイマグだけですね。

口コミでも、見たことないくらい黒い便が出た、という口コミも多数あり、便秘じゃなくてもお腹の中からキレイになりたい方におすすめです。

スイマグの副作用

スイマグは腸を直接刺激するタイプの便秘薬と違い、副作用はありません

ただ人によってはマグネシウムをたくさん摂ることで、胸焼け吐き気が起きることがあります。

また、飲む量によっては下痢のような水様便になりますが、腹痛は起きません。

スイマグの飲み方

スイマグの飲み方としては、キャップ1杯のスイマグを水などに溶かして飲みます。
水酸化マグネシウムには胃酸を抑える作用があるので、食後や食前は避け、寝る前や空腹時に飲みましょう。

公式サイトでは無味無臭と書いてありますが、味は苦いというか、硬水のような硬い味がします。
苦手な方はカルピスなどの乳酸菌飲料に混ぜたり、ジュースに混ぜるのをおすすめします。

腸内に水分が足りないと効果を発揮できなくなるので、水分は最低でもコップ1杯は飲むようにしましょう。

お口直しにもう1杯お水やお茶を飲むくらいがちょうどいいです。

スイマグが効かない、そんな時は?

実はこのスイマグには、腸の中にできた傷を修復する効果があるそうなんです。
腸の傷は普段の食事でもできてしまうもので、過食や食生活の乱れがある方ほど傷が多いんです。

そのため、腸に傷が多い方は最初はスイマグをのんでも腸の修復に使われてしまうため、便秘解消効果が得られにくいんです。

管理人も最初はあまり効果が感じられず、3日目から便秘が一気に解消されました。

スイマグを飲んでみた感想

管理人は最初の2日間は夜寝る前にキャップ1杯をコップ1杯のお水に入れて飲みましたが、効果がほとんどありませんでした。
それでちょっとムキになって3日目の夜、キャップ2杯分を飲んだんです。

そしたら次の日、トイレとお友達になりました(笑)。

ただ腹痛は本当になく、『あ!』と思ってすぐトイレに行かないと出ちゃいそうなくらい、緩い便が10回以上出ました。
初めて飲む方は、翌日予定がない日に飲むことをおすすめします…

味はお水に溶かすだけだとけっこう飲みにくいですが、グイッと一気飲みしたあとお口直しで何か飲めば耐えられます。