癌の可能性も!黒い便が出る時の原因や治し方

黒い便

便秘のいろというと、黄土色のような色から濃い茶色まで様々ですが、濃い茶色を通り越して黒い便が出ることがあります。

黒い便が出る時は、ただ便秘が悪化しているだけの時と、ガンなどの病気が潜んでいる時があります。

ガンが潜んでいるとしたら一刻も早く検査をする必要があるので、原因がどれに当たるか確認してみましょう。

黒い便の原因

便秘

便秘が酷く、腸内環境が悪化して悪玉菌が大量に発生していると、便がどんどん黒っぽくなります。

このような状態だと、腸の中で出た腐敗ガスがカラダに巡り、代謝を落として太りやすくしたり肌荒れの原因となってしまいます。
腸内の善玉菌を増やす乳酸菌やオリゴ糖を摂って、腸内環境の改善を意識していきましょう。

黒いものの食べ過ぎ

ワカメやヒジキなどの海藻類、イカスミなど黒いものをたくさん食べると一時的に便が黒くなることがあります。
特に何も心配しなくても自然と元に戻ります。

暴飲暴食

暴飲暴食をすると、消化液である胆汁がたくさん出ようと頑張ります。
胆汁は便を茶色くする作用がありますが、出すぎると便を暗くしてしまいます。

特に脂肪の多い食べ物タンパク質に偏った食事は消化に時間がかかり胆汁がたくさん出てしまうので、繊維やビタミンの多い野菜や穀物も一緒に摂り、腹八分を意識しましょう。

また、暴飲暴食によって胆汁が作れなくなってくると、今度は便が白くなってきます。
白い便の原因はこちら

鉄分の摂りすぎ

貧血予防や美容のために鉄分をサプリメントで摂る方は多いですよね。
ただ、鉄は空気に触れて酸化すると黒くなるので摂りすぎると便を黒くしてしまいます。

鉄分は不足してもいけませんが、過剰摂取すると胃腸障害皮膚の色素沈着血管の劣化などを起こしてしまいます。
サプリメントの用法容量をもう一度確認しましょう。

ガン

胃や腸、十二指腸で出血を起こしていると、その血液が便に混ざり、時間が経って黒くなります。
出血の原因は、胃癌や大腸癌、胃潰瘍や、十二指腸潰瘍などがあります。

この場合、便がただ黒いだけでなくドロッとしたものになりやすいです。
便が黒くなるほどの出血だと、かなり出血していることになるので早めに病院を受診しましょう。

黒い便の治し方

黒い弁が出たら、まずは食生活を見直しましょう。

とくに胆汁をたくさん出してしまう脂肪やタンパク質は食べ過ぎ注意です。
揚げ物やスナック菓子、ファストフードは脂質が高くビタミンや繊維がほとんどないため、胆汁を出しすぎて黒い便を作るだけでなく腸内環境の悪化にもつながってしまいます。

便が黒いだけでなく便秘もしている場合は、腸内環境の改善をしていく必要があります。
まずは食物繊維をしっかり摂って便を排出するのを促し、乳酸菌やオリゴ糖で善玉菌を増やしていきましょう。

それでも中々改善されない場合や、便がドロッとしている場合は、癌や潰瘍などの病気が潜んでいる可能性が高いので、すぐに病院を受診しましょう。