臭い便(うんち)やおならを解消したい!原因と治し方

オナラ

便を出した後トイレがすごく臭う…
オナラが臭い…

そんな便やオナラの臭いでお悩みではないですか。

実は便やオナラの臭いがするのは、臭いの問題だけでなく体にもよくないことがたくさん起きるんです。

そこで、便やオナラの臭いの原因と、体に起きる影響、治し方などご紹介したいと思います。

便やオナラの臭いの原因

便はもともと食べたものでできていて、食べ物の中にはニオイの元となるものも入っているのである程度のニオイが出るのは普通のことです。
しかし、思わず顔をしかめてしまうほどのニオイがする場合、腸内環境がよくない可能性が高いです。

腸内環境がよくない、ということは善玉菌よりも悪玉菌が優勢になっている状態です。
特にウエルシュ菌大腸菌が繁殖してしまうと、それらの菌がタンパク質や脂質を分解してアンモニアスカトール硫化水素などの腐敗臭を発生させてしまいます。

臭い便やオナラを放ってとくと?

臭い便やオナラが出るということは、腸の中にアンモニアやスカトールなどの腐敗ガスが充満しているということです。
これらの腐敗ガスは便やオナラの臭いの元となるだけでなく、口臭体臭の原因にもなってしまいます。

また、この腐敗ガスは血液に溶けて全身に巡ってしまいますが、この腐敗ガスは代謝を落として太りやすくしたり、肌荒れを起こしたり、免疫機能を低下させて病気にかかりやすくなってしまいます。

腸内環境を悪化させる原因

では、腸内環境を悪化させ、悪玉菌を増やしてしまう原因とは何でしょうか。
原因はいくつかあります。

咀嚼回数が少ない

食事をする時に咀嚼回数が少ないと、食べたものがしっかり消化できず、未消化のまま腸にたどり着いてしまい腐敗しやすくなります。
あまり噛まずに呑み込んでしまう癖がある方は要注意です。

ストレスが多い

ストレスが溜まると、胃の消化酵素ペプシンの分泌が悪くなり、食べたものが未消化のまま腸に届き腐敗しやすくなります。
また、ストレスがかかると交感神経が優位になりやすくなりますが、交感神経が優位になると腸のぜん動運動が弱まってしまいます
腸のぜん動運動が弱まると便がうまく運べず長時間腸の中に留まることになるので、腐敗してガスを発生させてしまいます。

食生活の乱れ

悪玉菌は動物性のタンパク質脂肪過剰に摂取した糖質が大好きです。
甘いスイーツやお菓子をご飯の代わりにしたり、ファストフードやレトルト食品などに偏った食事をしていると、悪玉菌を増殖させてしまいます。

腸内環境を改善して便やオナラの臭いを減らす方法

腸内には、善玉菌と悪玉菌以外にも、日和見菌という菌もいます。
日和見菌は善玉菌が多いと善玉菌のような働きをし、悪玉菌が多いと悪玉菌のような働きをします。

そのため、腸内の善玉菌を増やすことで相対的に善玉菌が多くなれば、腸内環境はグッとよくなります。

善玉菌を増やすには、善玉菌の1種である乳酸菌を摂るか、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂るのが近道です。

乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれていますが、日本人は乳製品が体質に合わないという方も多いので、お漬物や味噌、醤油、納豆など昔からある日本食で補うのがオススメです。

またオリゴ糖が多い食品は、バナナや玉ねぎ、ハチミツ、大豆製品があります。

豆乳やお豆腐を使った和食を心がけるだけで、乳酸菌はしっかり摂れるのでまずは和食を意識してみましょう。