1日2回の逆立ちでしつこい便秘を解消!

逆立ち

逆立ちが健康や美容にいい、というのを聞いたことはありませんか。

逆立ちをすることで本来の重力に逆らうことができるので、浮腫みを解消したり血行をよくしたり、便秘を解消する効果もあるんです。

そこで、逆立ちをすることで得られる嬉しい効果や、逆立ちが苦手な方でもできるやり方をご紹介したいと思います。

逆立ちの嬉しい3つの効果

効果1.便秘解消

便秘解消
逆立ちをすることで、重力によって下がりがちな内臓が元の位置に戻ります

便秘の原因は色々ありますが、運動不足の方に多いのが、筋力の低下によって内臓が本来の位置より下がり、便の通りが悪くなってしまうことで起こる種類の便秘です。
特に女性は筋肉がつきにくく、骨盤も柔らかく開きやすいので、内臓が下がってきやすいんです。

逆立ちをすることで、その下がっていた内臓を元の位置に戻すことができ、便秘を解消することができます。

効果2.ダイエット

ダイエット
逆立ちをするのは、意外と筋肉を使います。
しかも普段使わないような筋肉を使い鍛えることができるため、基礎代謝アップにつながります。

効果3.浮腫み解消

浮腫み
逆立ちをすることで、重力によって下半身に溜まった水分の巡りがよくなります。
血行もよくなるため、下半身の代謝がよくなり痩せやすくなったり、浮腫みが改善されたり、冷え性の改善にも効果があります。

効果4.美肌効果

肌荒れ
逆立ちをすることで頭の方に血液が行き渡り、お肌の代謝をあげる効果があるため美肌効果が期待できます。
全身の血行がよくなるため、顔だけでなく全身のお肌にいい効果があります。

効果5.リラックス

リラックス
逆立ちを10秒すると筋肉の張りが35%軽減します。

肩こりや腰の疲れをとり、副交感神経を優位にしてリラックス効果が期待できます。

ストレスが溜まっている方や、眠りが浅いなど睡眠に悩んでいる方に効果があります。

効果6.肩こり解消

肩こり
逆立ちして全身の血行がよくなることで、肩こりを解消する効果もあります。
デスクワークでPCを使っている方や、スマホをよく使う方は、姿勢が固まって肩こりを起こしやすくなっています。

普段と違う逆立ちのポーズをして全身の血行がよくなれば、肩こりや腰のコリもほぐれやすくなります。

逆立ちのやり方

逆立ちのやり方は大きく分けて3種類あります。

  1. 腕だけで体を支える逆立ち
  2. 腕と頭で体を支える三点倒立
  3. 頭と肩は床につけて行う逆立ち
逆立ち

1番やりやすいのは、3番目の逆立ちです。
特に女性など筋力が低下している方は、いきなり腕だけで逆立ちすると転倒して怪我をする危険性もあるので、最初は3番目の逆立ちがオススメです。

食後2時間を避けて、朝晩2回10秒ずつ程度やりましよう。

食生活も見直しましょう

便秘を会社するには、逆立ちなどの外からの刺激も効果的ですが、食べるものも大切です。
食物繊維をはじめ、適度な水分摂取、便の滑りをよくする油も極端に減らしたりせず、バランスよく食べるようにしましょう。