1回10秒の腰ひねりで便秘解消!効果とやり方について

腰ひねり

便秘でポッコリ出たお腹をなんとかしたい…

そんな方にオススメなのが、1回たった10秒の腰ひねりです。

とっても簡単なのに、便秘解消効果だけでなく、骨盤を整えたり生理痛を緩和する効果もあるんです。
そんな腰ひねりの詳しい効果ややり方についてご紹介したいと思います。

腰ひねりの嬉しい効果

効果1.便秘解消

腰ひねりをすることで、腸に直接刺激がいき、ぜん動運動を促して便秘を解消します

便秘の原因は色々ありますが、ほとんどは運動不足や筋力低下によって腸の動きが鈍くなっていることにあります。

腰ひねりはお腹周りの筋肉を使うことで、腸に直接刺激がいくので、便秘を解消する効果があります。

また、体を動かすことで血行がよくなり、内臓の動きも活発になることも便秘を解消することにつながります。

効果2.骨盤矯正

腰ひねりはお腹や腰の筋肉だけでなく、股関節を伸ばす効果もあるため、骨盤を正しい位置に戻す効果があります。
骨盤を矯正することで、内臓が正しい位置に戻って本来のパワーを発揮できるようになるため、代謝が上がり痩せやすくなります。

また、骨盤が歪むと血管やリンパ管を圧迫しやすくなりますが、そうすると下半身の浮腫みにつながってしまうので、下半身が太りやすくなります。

骨盤が矯正されることでそれを解消でき、脚やせ効果も期待できます。

効果3.生理痛緩和

骨盤が歪んでいると、太りやすいだけでなく、血行が悪くなり生理痛を引き起こしやすくなります。
腰ひねりで骨盤を矯正することで、生理痛の緩和につながります。

腰ひねりのやり方

腰ひねりはとても簡単です。

腰ひねり
  1. 足を肩幅程度に開いて立ちます
  2. 腕を肩の高さまで上げ、手の平を顔の方に向けるように、90度折り曲げます
  3. この時指はしっかり伸ばしましょう
  4. その状態のまま、腰を左右にゆっくりひねります
  5. 左右各5回ずつやりましょう

たったこれだけです。
より便秘解消効果をアップさせるために、腰ひねりの前はコップ1杯のお水を飲むのがオススメです。

イスで腰ひねりをする方法

  1. イスに浅く腰掛け、姿勢を正します
  2. 腕を肩の高さに上げ、交差させます
  3. 右手で左腕を握り、左手で右腕を握ります
  4. そのままの状態で、腰を左右にひねります
  5. 骨盤は動かさないように、おへそから上体をひねります
  6. 左右各5回ずつやりましょう

イスに座ってやる方法であれば、オフィスでも簡単にできますし、お家でテレビを見ながらでも簡単にできます。

また、やる時は食後すぐは避けるようにしましょう。食後に行うと、胃痛や腹痛の原因になってしまいます。
1日10回を続けることで、便秘が解消されるだけでなく、くびれたウエストも手に入るので、気になる方はやってみましょう。