便秘に効くヨガ!ガス抜きのポーズでお腹スッキリ

ヨガ

美容や健康にいいと人気のヨガ。
ただ、ポーズがたくさんありすぎて、どのポーズがどんな効果があるのか、ちょっと分からない…という方も多いですよね。

そこで今回は、お腹の中に溜まったガスを抜き、腸の動きをよくして便秘を解消する『ガス抜きのポーズ』をご紹介したいと思います。

ガス抜きのポーズとは?

ガス抜きのポーズとは、ヨガのポーズの一種で、お腹を緩めつつ適度な刺激を与えることで、お腹に溜まったガスを抜いて便秘を解消するポーズです。

便秘解消以外にも、腰痛を和らげる効果もあるので、

  • お腹がゴロゴロするのに何も出ない
  • ガスや便が溜まってお腹が苦しい
  • 長時間同じ姿勢でいることが多く、腰痛がある
  • 猫背を解消したい

という方におすすめです。

ガス抜きのポーズのやり方

  1. 仰向けに寝た状態から、膝を立てて、腕は体の横につけて床に置きます
  2. 息を吐きながら膝を抱えるように胸元まで引き寄せ、両腕で膝を抱えます
  3. その状態で腹式呼吸を10回ほどゆっくり繰り返します
  4. 息を吐くごとに膝をさらに引きよさるように意識すると効果がアップします
  5. 10回終わったら、息を吐きながら元の位置に戻します
ガス抜きのポーズ

行うタイミングは特に決まりはありませんが、寝る前や朝起きた時だとベッドの中で行えるのでオススメです。

また、仰向けになるのであれば家でしかできませんが、椅子に座った状態で行っても効果があるので、会社の休憩時間にするのもオススメです。

ただその場合はオナラが出やすくなるので注意しましょう。

ガス抜きのポーズ意外にオナラを出す方法

朝起きたらコップ1杯のお水を飲む

朝起きてすぐコップ1杯のお水を飲むことで、胃腸に刺激がいき、オナラが出やすくなります。
冷たいお水を飲むとより刺激がいきやすくなりますが、お腹が冷えてしまうので冷え性の方は白湯がオススメです。

腸もみをする

腸もみのやり方はこちらで詳しくご紹介していますが、仰向けになって腸を押し揉みするだけの簡単な方法です。
直接腸に刺激がいくことで、オナラガ出やすくなります。

ガスピタンを飲む

お腹が張っているからオナラを出したいけど、外出先ではそうもいかない…
そんな時はガスピタンがおすすめです。
ガスピタン

ガスを出さずにガスを消してくれるので外出が多い方はガスピタンに頼ってみてはいかがでしょうか。